新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフォンと連携する家庭用水耕栽培システム「foop」に新ラインナップ登場

アドトロンテクノロジーは、スマートフォンと連携して野菜を育てられる家庭用水耕栽培システム「foop」の新ラインナップを発表した。新しく加わったのは「foop Lite」、「foop Premium」、「foop Pro」の3モデルで、販売開始はfoop Liteが3月21日、foop Premiumが2017年夏、foop Proが2017年秋を予定している。

photo foop Lite

2016年4月に販売開始したfoopは、光の強さや二酸化炭素濃度、温度や湿度など野菜栽培の環境情報をセンサで感知し、LED照明やエアーポンプを自動調整する機能を備える。また、専用のスマホアプリから、育てる野菜に適した環境を簡単に設定したり、食べ頃など栽培状況のモニタリングも可能。25cm以下の葉物野菜を最大20株(間引き後:葉菜類12株、ハーブ系20株)育てることができる。

photo foop Premium
photo foop Pro

foop Liteはfoopの基本機能を継承しながら、価格を抑えたベーシックモデル。標準価格は3万8500円(税別)で、限定100台をキャンペーン価格3万2800円(税別)で、6カ月分の無料種子セットとともに提供する。

foop Premiumは側面パネルデザインに、職人によるハンドメイドの伝統工芸(漆/西陣織/鹿革)を採用したコラボモデル。

foop Proは、クラウドサービスAPIの提供や、ECHONET Liteへの対応、カメラ機能を搭載し自動的に成長記録動画を作成、ユーザーが全ての設定をコントロールできるなど、研究機関や企業向けのハイエンドモデルになる。

photo サンライズ・サンセット機能
photo 気温・天気レポート機能
photo レシピアドバイス機能

同時に、朝と夜の時間に合わせてLED照明の明るさを自動制御する「サンライズ・サンセット機能」、天気、外の温度、室温などを知らせてくれる「気温・天気レポート機能」、スマートフォンのロケーション情報をオンにすることで、地域や季節に応じた栽培のアドバイスを提供する「レシピアドバイス機能(近日予定)」、チャット形式によるガイドで栽培をサポートする「お客様サポート機能」、栽培データを共有することで栽培レシピを継続的に改良する「foop 間コラボレーション機能」、「foop 専用カメラフレームアプリ」の追加も発表された。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  3. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  6. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  7. 絶望と芸術のあいだ、3Dプリンターから爆誕した“もじゃもじゃ”写真を募集中
  8. 観光だけじゃない!FabとTechでコミュニティを育む函館 #ジモトをつくる
  9. 「Nature Remo」「Nature Remo E」がシリーズ累計販売台数30万台を突破
  10. 鉄工所が展開する溶接体験テーマパークが栃木県内にオープン、今後も他地域へ展開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る