新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piをオーディオワークステーションに——Raspberry Pi用オーディオ/MIDIボード「pisound」

Raspberry Pi用のオーディオ/MIDIインターフェースボード「pisound」がIndiegogoで出資を募っている。

pisoundは、192kHz 24bitのオーディオ用DAコンバータを搭載し、5ピンMIDIコネクタ、6.3mm標準ステレオジャックによる入出力に対応するオーディオ/MIDIインターフェースボードだ。

高品質な音源再生にこだわりをもった設計検討をしており、31250bps のMIDI信号に遅延なく対応するため、Raspberry PiのUARTを直接使うのではなく、SPIを通してMIDI用に専用のマイクロコントローラを使って信号変換している。

また、オーディオ回りには、再生音に定評のあるBurr-BrownのDAコンバータを使い、SN比110dB、全高調波歪(THD)0.05%以下を実現している。また、ワイドレンジのゲインコントロールを備えており、ギターやCDプレーヤー、モジュラーシンセサイザなどの入力を、ミキサーやスピーカー、ヘッドホンなどさまざまな機器に出力できる

取り付けは簡単で、Raspberry Piの40ピンGPIOヘッダに、付属のスペーサとネジを使ってアドオンし、OSに設定を加えるだけで、標準のボリュームウィジェットからpisoundにアクセスできる。pisoundをメインのサウンドカードに選択すれば、Linuxのオーディオ/MIDIソフトウェアでコントロールできるようになる。Pisoundの5ピンDIN以外にも、Raspberry Pi側でWi-Fi MIDIやUSB MIDIの合計3系統を利用できる。

Raspberry Pi A+/B+/2/2 1.2/3/Zero 1.2/Zero 1.3/Zero Wなど、40ピンGPIOを備えたモデルに対応する。

pisoundは、4月中旬までクラウドファンディングを実施。3月15日時点で、目標額は6950ドル(約79万7000円)に対して6000ドル(約68万8000円)以上を集めている。

販売予定価格は106ドル(約1万2200円)で、今なら送料込みの早期割引適用分が84ドル(約9630円)で入手できる。6月の出荷を予定しており、日本への出荷にも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る