新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piをオーディオワークステーションに——Raspberry Pi用オーディオ/MIDIボード「pisound」

Raspberry Pi用のオーディオ/MIDIインターフェースボード「pisound」がIndiegogoで出資を募っている。

pisoundは、192kHz 24bitのオーディオ用DAコンバータを搭載し、5ピンMIDIコネクタ、6.3mm標準ステレオジャックによる入出力に対応するオーディオ/MIDIインターフェースボードだ。

高品質な音源再生にこだわりをもった設計検討をしており、31250bps のMIDI信号に遅延なく対応するため、Raspberry PiのUARTを直接使うのではなく、SPIを通してMIDI用に専用のマイクロコントローラを使って信号変換している。

また、オーディオ回りには、再生音に定評のあるBurr-BrownのDAコンバータを使い、SN比110dB、全高調波歪(THD)0.05%以下を実現している。また、ワイドレンジのゲインコントロールを備えており、ギターやCDプレーヤー、モジュラーシンセサイザなどの入力を、ミキサーやスピーカー、ヘッドホンなどさまざまな機器に出力できる

取り付けは簡単で、Raspberry Piの40ピンGPIOヘッダに、付属のスペーサとネジを使ってアドオンし、OSに設定を加えるだけで、標準のボリュームウィジェットからpisoundにアクセスできる。pisoundをメインのサウンドカードに選択すれば、Linuxのオーディオ/MIDIソフトウェアでコントロールできるようになる。Pisoundの5ピンDIN以外にも、Raspberry Pi側でWi-Fi MIDIやUSB MIDIの合計3系統を利用できる。

Raspberry Pi A+/B+/2/2 1.2/3/Zero 1.2/Zero 1.3/Zero Wなど、40ピンGPIOを備えたモデルに対応する。

pisoundは、4月中旬までクラウドファンディングを実施。3月15日時点で、目標額は6950ドル(約79万7000円)に対して6000ドル(約68万8000円)以上を集めている。

販売予定価格は106ドル(約1万2200円)で、今なら送料込みの早期割引適用分が84ドル(約9630円)で入手できる。6月の出荷を予定しており、日本への出荷にも対応する。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る