新しいものづくりがわかるメディア

RSS


後方をカメラ撮影——サイクリストの安全を守るセーフティデバイス「HEXAGON」

自転車に取り付けてサイクリストの安全を守るセーフティデバイス「HEXAGON」がIndiegogoに登場した。

HEXAGONは、後方カメラ、テールライト、ウインカーを統合したデバイス。後方カメラで撮影した映像は、ハンドルに取り付けたスマートフォンの画面にWi-Fiで送信される。映像をストリーム送信することも可能だ。

テールライトはブレーキ操作の際に自動的に点灯し、後方に停止を知らせる。夜間には点滅させて後方に注意を促すこともできる。

ウインカーはハンドルバーに取り付けたワイヤレスリモコンで操作し、右折/左折を知らせる。また、ウインカーのないモデル「HEXAGON Light」も用意されている。

HEXAGONの大きさは115×120×55mmで、重さは460g(電池を含む)。防水性はIP65(耐塵/防噴流)。HEXAGON Lightは110×60×50mm/250gとひと回り小さい。電源は18650型のリチウムイオン電池。日本では馴染みのない型番だが、付属のMicroUSB充電ケーブルを使いHEXAGONで充電することができる。

HEXAGONは2017年4月下旬までクラウドファンディングを実施。3月17日時点では、目標額の3万ドル(約340万円)に対して、約8000ドル(約90万円)を集めている。

早期割引適用価格はHEXAGONが99ドル(約1万1000円)で、HEXAGON Lightが75ドル(約8500円)。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は7ドル(約800円)だ。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る