新しいものづくりがわかるメディア

RSS


後方をカメラ撮影——サイクリストの安全を守るセーフティデバイス「HEXAGON」

自転車に取り付けてサイクリストの安全を守るセーフティデバイス「HEXAGON」がIndiegogoに登場した。

HEXAGONは、後方カメラ、テールライト、ウインカーを統合したデバイス。後方カメラで撮影した映像は、ハンドルに取り付けたスマートフォンの画面にWi-Fiで送信される。映像をストリーム送信することも可能だ。

テールライトはブレーキ操作の際に自動的に点灯し、後方に停止を知らせる。夜間には点滅させて後方に注意を促すこともできる。

ウインカーはハンドルバーに取り付けたワイヤレスリモコンで操作し、右折/左折を知らせる。また、ウインカーのないモデル「HEXAGON Light」も用意されている。

HEXAGONの大きさは115×120×55mmで、重さは460g(電池を含む)。防水性はIP65(耐塵/防噴流)。HEXAGON Lightは110×60×50mm/250gとひと回り小さい。電源は18650型のリチウムイオン電池。日本では馴染みのない型番だが、付属のMicroUSB充電ケーブルを使いHEXAGONで充電することができる。

HEXAGONは2017年4月下旬までクラウドファンディングを実施。3月17日時点では、目標額の3万ドル(約340万円)に対して、約8000ドル(約90万円)を集めている。

早期割引適用価格はHEXAGONが99ドル(約1万1000円)で、HEXAGON Lightが75ドル(約8500円)。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は7ドル(約800円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  2. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  5. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  6. プリントエリアを拡大しABS樹脂にも対応——FLASHFORGEの3Dプリンター「GuiderII」
  7. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加
  10. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る