新しいものづくりがわかるメディア

RSS


後方をカメラ撮影——サイクリストの安全を守るセーフティデバイス「HEXAGON」

自転車に取り付けてサイクリストの安全を守るセーフティデバイス「HEXAGON」がIndiegogoに登場した。

HEXAGONは、後方カメラ、テールライト、ウインカーを統合したデバイス。後方カメラで撮影した映像は、ハンドルに取り付けたスマートフォンの画面にWi-Fiで送信される。映像をストリーム送信することも可能だ。

テールライトはブレーキ操作の際に自動的に点灯し、後方に停止を知らせる。夜間には点滅させて後方に注意を促すこともできる。

ウインカーはハンドルバーに取り付けたワイヤレスリモコンで操作し、右折/左折を知らせる。また、ウインカーのないモデル「HEXAGON Light」も用意されている。

HEXAGONの大きさは115×120×55mmで、重さは460g(電池を含む)。防水性はIP65(耐塵/防噴流)。HEXAGON Lightは110×60×50mm/250gとひと回り小さい。電源は18650型のリチウムイオン電池。日本では馴染みのない型番だが、付属のMicroUSB充電ケーブルを使いHEXAGONで充電することができる。

HEXAGONは2017年4月下旬までクラウドファンディングを実施。3月17日時点では、目標額の3万ドル(約340万円)に対して、約8000ドル(約90万円)を集めている。

早期割引適用価格はHEXAGONが99ドル(約1万1000円)で、HEXAGON Lightが75ドル(約8500円)。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は7ドル(約800円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る