新しいものづくりがわかるメディア

RSS


後方をカメラ撮影——サイクリストの安全を守るセーフティデバイス「HEXAGON」

自転車に取り付けてサイクリストの安全を守るセーフティデバイス「HEXAGON」がIndiegogoに登場した。

HEXAGONは、後方カメラ、テールライト、ウインカーを統合したデバイス。後方カメラで撮影した映像は、ハンドルに取り付けたスマートフォンの画面にWi-Fiで送信される。映像をストリーム送信することも可能だ。

テールライトはブレーキ操作の際に自動的に点灯し、後方に停止を知らせる。夜間には点滅させて後方に注意を促すこともできる。

ウインカーはハンドルバーに取り付けたワイヤレスリモコンで操作し、右折/左折を知らせる。また、ウインカーのないモデル「HEXAGON Light」も用意されている。

HEXAGONの大きさは115×120×55mmで、重さは460g(電池を含む)。防水性はIP65(耐塵/防噴流)。HEXAGON Lightは110×60×50mm/250gとひと回り小さい。電源は18650型のリチウムイオン電池。日本では馴染みのない型番だが、付属のMicroUSB充電ケーブルを使いHEXAGONで充電することができる。

HEXAGONは2017年4月下旬までクラウドファンディングを実施。3月17日時点では、目標額の3万ドル(約340万円)に対して、約8000ドル(約90万円)を集めている。

早期割引適用価格はHEXAGONが99ドル(約1万1000円)で、HEXAGON Lightが75ドル(約8500円)。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は7ドル(約800円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る