新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」

1台で3役を兼ねられる全金属製FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「Snapmaker」がKickstarterに登場した。開始からわずか5分で目標額を達成するほどの人気を集めている。

Snapmakerは、モジュールを交換するとレーザー刻印機やCNC彫刻機になる3Dプリンタ。全金属製のボディはモジュラーデザインになっており、10分で組み立てられる。精密にできているので、Z軸のオフセットを調整すれば、レベリングの必要はないという。

同製品の大きさは289×272×332mm、本体重量は4.5kg、電源電圧は100~240V、消費電力は120W、造形サイズは125×125×125mm、積層ピッチは50~300μm、ヘッドの移動速度は10~150mm/秒だ。フィラメントは1.75mmのPLA、PVA、ABSなどに対応。ソフトウェアは添付の「Snap3D」のほか、スライサとして「Cura」、「Simplify 3D」、「Slic3r」が使える。

レーザーモジュール レーザーモジュール
CNCモジュール CNCモジュール

一方、レーザーモジュールの出力は500mWで、波長は405nm。木材、竹、皮革、プラスチックなどの表面に刻印を施せる。また、CNCモジュールのスピンドル速度は2000~7000RPM。木材、PCB、アクリルに彫刻を施すことが可能だ。

Snapmakerは2017年4月28日までクラウドファンディングを実施する。3月17日時点では、目標額の5万ドル(約565万円)を大きく上回る約42万ドル(約4700万円)を集めている。

Snapmakerの価格は299ドル(約3万4000円)。レーザーまたはCNCモジュールのいずれか一方の付いたモデルは369ドル(約4万2000円)、両方の付いたモデルは439ドル(約5万円)だ。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は59ドル(約7000円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る