新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」

1台で3役を兼ねられる全金属製FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンタ「Snapmaker」がKickstarterに登場した。開始からわずか5分で目標額を達成するほどの人気を集めている。

Snapmakerは、モジュールを交換するとレーザー刻印機やCNC彫刻機になる3Dプリンタ。全金属製のボディはモジュラーデザインになっており、10分で組み立てられる。精密にできているので、Z軸のオフセットを調整すれば、レベリングの必要はないという。

同製品の大きさは289×272×332mm、本体重量は4.5kg、電源電圧は100~240V、消費電力は120W、造形サイズは125×125×125mm、積層ピッチは50~300μm、ヘッドの移動速度は10~150mm/秒だ。フィラメントは1.75mmのPLA、PVA、ABSなどに対応。ソフトウェアは添付の「Snap3D」のほか、スライサとして「Cura」、「Simplify 3D」、「Slic3r」が使える。

レーザーモジュール レーザーモジュール
CNCモジュール CNCモジュール

一方、レーザーモジュールの出力は500mWで、波長は405nm。木材、竹、皮革、プラスチックなどの表面に刻印を施せる。また、CNCモジュールのスピンドル速度は2000~7000RPM。木材、PCB、アクリルに彫刻を施すことが可能だ。

Snapmakerは2017年4月28日までクラウドファンディングを実施する。3月17日時点では、目標額の5万ドル(約565万円)を大きく上回る約42万ドル(約4700万円)を集めている。

Snapmakerの価格は299ドル(約3万4000円)。レーザーまたはCNCモジュールのいずれか一方の付いたモデルは369ドル(約4万2000円)、両方の付いたモデルは439ドル(約5万円)だ。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は59ドル(約7000円)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  2. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  5. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  6. プリントエリアを拡大しABS樹脂にも対応——FLASHFORGEの3Dプリンター「GuiderII」
  7. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加
  10. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る