新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅で手軽にサードウェーブコーヒーを——全自動コーヒーメーカー「PERK」

水とコーヒー豆をセットし、ボタンを押すだけで美味しいコーヒーが淹れられる全自動コーヒーメーカー「PERK」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

PERKの特徴は、コーヒーの抽出を温度を正確にコントロールしたチャンバの中で行うところにある。抽出温度、時間を決め、粉をセットして水を注ぐだけ、と手順は簡単だが、温度が保たれた抽出チャンバの中で、コーヒー豆の粒子は湯中を平均的に浮遊し、旨みを各粒子から均等に抽出することができるという。

photo

一般的なコーヒーの淹れ方では抽出時の温度管理が難しく、また抽出時間もコントロールできない場合が多い。PERKは、チャンバ内の温度を10~100度の間で1度刻みで制御でき、抽出時間も1分から24時間まで自由に設定できる。

photo

コーヒー豆の種類や産地による違いなど、豆の個性を引き出す最適な設定を見つけ、サードウェーブ的にコーヒーを楽しむこともできるだろう。開発元のデモでは、華氏195度(約摂氏91度)、抽出時間は2分30秒で実演している。また、構造もシンプルで、特にボイラ部分を開放構造にしているため、石灰など付着物の除去や手入れも容易だとしている。

photo

PERKは2017年5月15日までクラウドファンディングを実施。3月18日時点で目標の10万ドル(約1130万円)に対して、約5万2000ドル(約586万円)を集めている。

PERKの早期割引価格は、174ドル(約1万9600円)。出荷は2018年2月の予定で、日本への送料は30ドル(約3380円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る