新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅で手軽にサードウェーブコーヒーを——全自動コーヒーメーカー「PERK」

水とコーヒー豆をセットし、ボタンを押すだけで美味しいコーヒーが淹れられる全自動コーヒーメーカー「PERK」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

PERKの特徴は、コーヒーの抽出を温度を正確にコントロールしたチャンバの中で行うところにある。抽出温度、時間を決め、粉をセットして水を注ぐだけ、と手順は簡単だが、温度が保たれた抽出チャンバの中で、コーヒー豆の粒子は湯中を平均的に浮遊し、旨みを各粒子から均等に抽出することができるという。

photo

一般的なコーヒーの淹れ方では抽出時の温度管理が難しく、また抽出時間もコントロールできない場合が多い。PERKは、チャンバ内の温度を10~100度の間で1度刻みで制御でき、抽出時間も1分から24時間まで自由に設定できる。

photo

コーヒー豆の種類や産地による違いなど、豆の個性を引き出す最適な設定を見つけ、サードウェーブ的にコーヒーを楽しむこともできるだろう。開発元のデモでは、華氏195度(約摂氏91度)、抽出時間は2分30秒で実演している。また、構造もシンプルで、特にボイラ部分を開放構造にしているため、石灰など付着物の除去や手入れも容易だとしている。

photo

PERKは2017年5月15日までクラウドファンディングを実施。3月18日時点で目標の10万ドル(約1130万円)に対して、約5万2000ドル(約586万円)を集めている。

PERKの早期割引価格は、174ドル(約1万9600円)。出荷は2018年2月の予定で、日本への送料は30ドル(約3380円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 液晶付きマイコン「M5Stack」 と Google Home で、子どもとメッセージがやりとりできるシステムを作ってみた
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  4. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  5. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  6. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」
  7. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  8. 8ツールタレットでスピーディーに加工——5軸ミルターンセンター「SwissMak」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. 二足歩行ロボットを作ろう——オーム社、「ROBO-ONEにチャレンジ! 二足歩行ロボット自作ガイド」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る