新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カブク、3Dプリント工場向け受発注管理システム「Kabuku MMS Ver.2.0」リリース

カブクは、3Dプリント工場向け受発注管理システム「Kabuku MMS Ver.2.0」リリースした。

photo

Kabuku MMS Ver.2.0は、同社の製造工場向け基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing MMS」を3Dプリンティング関わる管理業務や自動化機能により特化させ、「Kabuku MMS」にリネームしたものだ。同時に機能強化、料金体系などを見直し、Ver.2.0としてリリースした。

Kabuku MMS Ver.2.0では、注文と見積りの機能が無制限に無料で利用可能になった。ファイルのアップロード機能も強化し、最大10ファイルまでの2Dファイル(金型図面など)の同時アップロードができるようになった。アップロードしたファイルは素材や後工程を変更した上で、ファイルを複製することができるようになった。

また、プレミアムプランとして「ホームページ埋め込み機能」を追加した。これを選択すればファイルアップローダーや3Dビューアをはじめ、素材の選択、自動見積り、発注といった機能をユーザー自身のホームページに埋め込むことが可能だ。自社のブランドサイトのまま、顧客との取引を効率的に進められるようになる。

photo

利用料金については、従来のパッケージ化された固定料金プランを見直し、利用したい機能を自由に選択できる料金体系を採用した。見積もり機能をうまく使えば、従来よりも月額利用料を30%以上抑えることができるとしている。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る