新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カブク、3Dプリント工場向け受発注管理システム「Kabuku MMS Ver.2.0」リリース

カブクは、3Dプリント工場向け受発注管理システム「Kabuku MMS Ver.2.0」リリースした。

photo

Kabuku MMS Ver.2.0は、同社の製造工場向け基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing MMS」を3Dプリンティング関わる管理業務や自動化機能により特化させ、「Kabuku MMS」にリネームしたものだ。同時に機能強化、料金体系などを見直し、Ver.2.0としてリリースした。

Kabuku MMS Ver.2.0では、注文と見積りの機能が無制限に無料で利用可能になった。ファイルのアップロード機能も強化し、最大10ファイルまでの2Dファイル(金型図面など)の同時アップロードができるようになった。アップロードしたファイルは素材や後工程を変更した上で、ファイルを複製することができるようになった。

また、プレミアムプランとして「ホームページ埋め込み機能」を追加した。これを選択すればファイルアップローダーや3Dビューアをはじめ、素材の選択、自動見積り、発注といった機能をユーザー自身のホームページに埋め込むことが可能だ。自社のブランドサイトのまま、顧客との取引を効率的に進められるようになる。

photo

利用料金については、従来のパッケージ化された固定料金プランを見直し、利用したい機能を自由に選択できる料金体系を採用した。見積もり機能をうまく使えば、従来よりも月額利用料を30%以上抑えることができるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. 加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. FabLab浦和-Beta(埼玉 浦和)
  9. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  10. LEDテープとハーフミラーで作る合わせ鏡——「Desktop Infinity Mirror」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る