新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カブク、3Dプリント工場向け受発注管理システム「Kabuku MMS Ver.2.0」リリース

カブクは、3Dプリント工場向け受発注管理システム「Kabuku MMS Ver.2.0」リリースした。

photo

Kabuku MMS Ver.2.0は、同社の製造工場向け基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing MMS」を3Dプリンティング関わる管理業務や自動化機能により特化させ、「Kabuku MMS」にリネームしたものだ。同時に機能強化、料金体系などを見直し、Ver.2.0としてリリースした。

Kabuku MMS Ver.2.0では、注文と見積りの機能が無制限に無料で利用可能になった。ファイルのアップロード機能も強化し、最大10ファイルまでの2Dファイル(金型図面など)の同時アップロードができるようになった。アップロードしたファイルは素材や後工程を変更した上で、ファイルを複製することができるようになった。

また、プレミアムプランとして「ホームページ埋め込み機能」を追加した。これを選択すればファイルアップローダーや3Dビューアをはじめ、素材の選択、自動見積り、発注といった機能をユーザー自身のホームページに埋め込むことが可能だ。自社のブランドサイトのまま、顧客との取引を効率的に進められるようになる。

photo

利用料金については、従来のパッケージ化された固定料金プランを見直し、利用したい機能を自由に選択できる料金体系を採用した。見積もり機能をうまく使えば、従来よりも月額利用料を30%以上抑えることができるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る