新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トレーニング内容を自動的に記録——筋トレ用ウェアラブルデバイス「Delta Gloves」

筋力トレーニング用ウェアラブルデバイス「Delta Gloves」がIndiegogoでキャンペーンを実施している。

Delta Glovesは、手にはめるグローブ型のデバイス。マシントレーニング、フリーウェイト、器具を使わない自重トレーニングのどれにでも利用できる。ハンマーカールやショルダープレス、腕立て伏せといった筋力トレーニングの種類に加えて、セット数、1セット当たりの回数、ダンベルなどの重量を自動的に記録してくれる。

Delta Glovesは、手のひらの一部や、中指と薬指の先端から第一関節までの範囲に圧力センサを内蔵。持ち上げた重量を圧力センサが検出する。手の甲のパック型モジュールには加速度センサとジャイロスコープを組み込み、動きのパターンを検知して筋力トレーニングの種類を識別する。内蔵バッテリーは充電式で5日間使用可能。また、パック型モジュールを取り外してグローブ本体を洗うこともできる。

トレーニング内容のデータは、パック型モジュールからBluetooth Low Energy(BLE)を使ってスマートフォンへ送信。専用アプリに記録されるので、トレーニング後に詳細をチェックできる。また、次のトレーニング内容や残りの回数をトレーニング中にイヤホンで聞くことができる音声ガイダンス機能も提供する。

Delta Glovesは2017年4月下旬までクラウドファンディングを実施。3月27日時点で目標額5万ドル(約550万円)に対して、約1万2700ドル(約140万円)を集めている。

Delta Glovesの早期割引価格は99ドル(約1万1000円)。グローブ1組、パック型モジュール2個、充電器、専用アプリが含まれる。出荷は2018年2月の予定だが、出荷先はカナダ、メキシコ、アメリカのみで日本への出荷には対応していない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  3. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  6. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  10. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る