新しいものづくりがわかるメディア

RSS


分散コンピューティング「BOINC」に参加できる——手のひらサイズの演算マシン「OVER DROID」

分散コンピューティング用の小型演算マシン「OVER DROID」が、Makuakeにて出資を募っている。

OVER DROIDは、分散コンピューティングチームであるアイスソードがRaspberry Pi 3 Model Bを元に開発した、手のひらサイズの分散コンピューティング専用超小型コンピュータだ。

PCへの接続はLANケーブルを接続するだけ。あとは本体に電源ケーブル(Micro USB、Bタイプ)を接続すれば、特別な操作不要で分散コンピューティング「BOINC」用のプログラムがインストールされる。さらにACアダプタを使えば、PCなしで家庭用コンセントやソーラーパネルでも利用可能だ。

消費電力は約5W程度で、仮に24時間稼働させても電気代は1日で約3円程度だ。本体重量は130g。ボディにはアルマイト加工のアルミニウム合金を採用している。カラーは現在ブラックのみだが、ボディ材質やカラーを今後追加する可能性もあるとのこと。

OVER DROIDで参加できるBOINCのプロジェクトは、「重力波データの解析(Einstein@Home)」と「地球外知的生命体の探査(SETI@home)」だ。

それぞれのプロジェクトにはイメージキャラクターとして、計6人の「オーバードロイド」が設定されている。今後の演算結果が彼女たちの活躍として、マンガやイラストなどのエンターテインメント作品に反映される予定だ。

予定価格は1万9800円(税込)。Makuakeでは、10%オフとなる1万7820円(税込)で購入できるプランなどを用意している。なお、セット内容にLANケーブルや電源ケーブルは付属しない。

OVER DROIDは5月29日までMakuakeにてクラウドファンディング中。目標額50万円に対し、4月1日の時点で22万円以上が集まっている。製品出荷は7月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る