新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンイノベーションによるビジネス共創へ——「JR東日本スタートアッププログラム」を開始

JR東日本は、ベンチャー企業や起業家との協業によるビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム」を開始した。

同プログラムでは駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス/サービスの提案を募る。

有望な提案にはJR東日本のリソース提供(情報、ITツール、プロモーション設備、商流/物流網など)のほか、コワーキングスペースの無償利用、賞金や要望に応じた出資などを通じ支援する。

プログラムのスローガンは「TICKET TO TOMORROW~未来のキップを、すべてのひとに。~」というもの。募集テーマとして、社会課題の解決や幸せな未来づくりの現実化に向けた提案を募る。

(1)人・モノ・情報をタイムリーにマッチングするサービスの創出

(2)出発地から目的地までをスムーズにつなぐ快適な移動の創造

(3)新たな技術・アイディアを活用した未来に資する新ビジネスの創出

(4)過ごしやすく、働きやすい社会・生活の実現

(5)国内外の多様な人々が集い楽しむ場としての駅づくり

(6)地域の雇用・移住・観光の促進

(7)環境負荷の少ないエネルギーや安全で安定した食糧の供給

募集するのは「アクセラレーションコース」と「インキュベーションコース」の2コース。アクセラレーションコースの対象は、既に自社製品/サービスを有する、起業10年以内の企業。インキュベーションコースの対象は、今後起業予定/起業直後で、JR東日本とのコラボを通じた事業化を希望する企業だ。両コースともに、最優秀提案には賞金100万円、優秀提案には10万円が贈られる。

アクセラレーションコースでは事業化検討後、テストマーケティングの実施を想定しており、11月以降に大宮駅西口イベントスペースなどを利用して開催予定だ。 テストマーケティングの利用時期や期間、費用などについては事業内容に鑑みて判断するという。

応募は専用サイトから。応募締め切りは、アクセラレーションコースが5月31日、インキュベーションコースが7月31日だ。

同社は4月19日と25日に、ステーションコンファレンス万世橋(JR神田万世橋ビル4階)で説明会を開催する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1980年代に高校通信教育講座受講者に無償配布された専用ラジカセ「NEC FM SUB/FM AM RADIO CASSETTE TAPE RECORDER RM-380(非売品)」
  2. より良いサーフボードのデザインで地球を救いたいと一企業が考えた理由
  3. 好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」
  4. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  5. ナット挿入や穴開けもできる3Dプリント造形物用仕上げツール「Modifi3D PRO」
  6. 飛騨高山産の木材で作った木製ヘッドフォン「ヒダノオト」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. PCB一体型アンテナ搭載——小型BLEモジュール「NINA-B306/316」
  9. クラレ、水溶性のMOWIFLEXを使った3Dプリンター用サポートフィラメントを発表
  10. 円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る