新しいものづくりがわかるメディア

RSS


無線で設定、屋外でも使える——ソーラー充電で動くArduino互換ボード「Mobillyo」

ソーラー充電で動くArduino互換ボード「Mobillyo」がKickstarterに登場した。

Mobillyoは、ATMega32U4ベースのマイコンボード。1500mAhリチウムイオン充電池を搭載し、1Wソーラーパネルを接続して充電する。ロボット、モバイルアプリ、屋外など、電源がない場所で使う用途やバックアップ電源が必要な用途に適したマイコンだ。

ソーラーパネルによる充電時間は、天候状態にも左右されるが直射日光の下では約8時間。充電回路は過充電、過放電、過電圧保護機能付きだ。Micro USBポートからの充電も可能で、充電時間は約4時間。また、Micro USBポート経由でスケッチのダウンロードもできる。

Mobillyoは、Bluetooth Low Energy(BLE)通信機能を搭載しており、BLE経由でiPhoneアプリからLEDやスイッチなどの設定ができる。ケーブルを接続して設定する必要はない。

photo

Mobillyoは、3.3Vで動作するArduinoシールドと互換性がある。ただし、VINピンが接続されていないなどArduino Leonardoとは異なる点もあるので注意が必要だ。

photo

Mobillyoは、2017年5月12日までクラウドファンディングを実施。4月14日時点で目標額5000カナダドル(約41万円)に対して、約450カナダドル(約3万7000円)を集めている。

Mobillyoの価格は69カナダドル(約5700円)で、別売充電用ソーラーパネルの価格は5カナダドル(約400円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料はそれぞれ19カナダドル(約1600円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自分のスマホで3Dプリント——300ドル以下で買える光造形方式3Dプリンター「T3D」
  2. マウスピースをくわえて10秒で歯磨き完了——自動電動歯ブラシ「Amabrush」
  3. XYZプリンティング、熱溶融積層方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」の予約販売を開始
  4. ブランドロゴを貼るだけから共通パーツの製造まで 「世界の工場」に見る、製造業のグラデーション
  5. ネックを伸縮させてギタープレイ——全長約320mmのポータブルMIDIギター「Jammy」
  6. プロトラブズ、射出形成サービスの追加成形キャパを月1万個に——製品の垂直立ち上げに対応
  7. アウトドアで使えるイスを1000円で作っちゃおう!
  8. ゲルマニウムからデジタルまでラジオの歴史をたどる——「作って合点!ラジオのしくみNo.5 DSPラジオキット」発売
  9. 第6回 STEM教育には欠かせないコミュニティの存在とマイコンボード「micro:bit」が目指すもの
  10. クリーンなデザインでデスクトップにマッチ——小型FFF方式3Dプリンター「E180」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る