新しいものづくりがわかるメディア

RSS


無線で設定、屋外でも使える——ソーラー充電で動くArduino互換ボード「Mobillyo」

ソーラー充電で動くArduino互換ボード「Mobillyo」がKickstarterに登場した。

Mobillyoは、ATMega32U4ベースのマイコンボード。1500mAhリチウムイオン充電池を搭載し、1Wソーラーパネルを接続して充電する。ロボット、モバイルアプリ、屋外など、電源がない場所で使う用途やバックアップ電源が必要な用途に適したマイコンだ。

ソーラーパネルによる充電時間は、天候状態にも左右されるが直射日光の下では約8時間。充電回路は過充電、過放電、過電圧保護機能付きだ。Micro USBポートからの充電も可能で、充電時間は約4時間。また、Micro USBポート経由でスケッチのダウンロードもできる。

Mobillyoは、Bluetooth Low Energy(BLE)通信機能を搭載しており、BLE経由でiPhoneアプリからLEDやスイッチなどの設定ができる。ケーブルを接続して設定する必要はない。

photo

Mobillyoは、3.3Vで動作するArduinoシールドと互換性がある。ただし、VINピンが接続されていないなどArduino Leonardoとは異なる点もあるので注意が必要だ。

photo

Mobillyoは、2017年5月12日までクラウドファンディングを実施。4月14日時点で目標額5000カナダドル(約41万円)に対して、約450カナダドル(約3万7000円)を集めている。

Mobillyoの価格は69カナダドル(約5700円)で、別売充電用ソーラーパネルの価格は5カナダドル(約400円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料はそれぞれ19カナダドル(約1600円)だ。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  3. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. 造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」
  6. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. 第3回 足りないのは人と時間。世界を取り巻くSTEM教育の現状と課題
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る