新しいものづくりがわかるメディア

RSS


無線で設定、屋外でも使える——ソーラー充電で動くArduino互換ボード「Mobillyo」

ソーラー充電で動くArduino互換ボード「Mobillyo」がKickstarterに登場した。

Mobillyoは、ATMega32U4ベースのマイコンボード。1500mAhリチウムイオン充電池を搭載し、1Wソーラーパネルを接続して充電する。ロボット、モバイルアプリ、屋外など、電源がない場所で使う用途やバックアップ電源が必要な用途に適したマイコンだ。

ソーラーパネルによる充電時間は、天候状態にも左右されるが直射日光の下では約8時間。充電回路は過充電、過放電、過電圧保護機能付きだ。Micro USBポートからの充電も可能で、充電時間は約4時間。また、Micro USBポート経由でスケッチのダウンロードもできる。

Mobillyoは、Bluetooth Low Energy(BLE)通信機能を搭載しており、BLE経由でiPhoneアプリからLEDやスイッチなどの設定ができる。ケーブルを接続して設定する必要はない。

photo

Mobillyoは、3.3Vで動作するArduinoシールドと互換性がある。ただし、VINピンが接続されていないなどArduino Leonardoとは異なる点もあるので注意が必要だ。

photo

Mobillyoは、2017年5月12日までクラウドファンディングを実施。4月14日時点で目標額5000カナダドル(約41万円)に対して、約450カナダドル(約3万7000円)を集めている。

Mobillyoの価格は69カナダドル(約5700円)で、別売充電用ソーラーパネルの価格は5カナダドル(約400円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料はそれぞれ19カナダドル(約1600円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る