新しいものづくりがわかるメディア

RSS


無線で設定、屋外でも使える——ソーラー充電で動くArduino互換ボード「Mobillyo」

ソーラー充電で動くArduino互換ボード「Mobillyo」がKickstarterに登場した。

Mobillyoは、ATMega32U4ベースのマイコンボード。1500mAhリチウムイオン充電池を搭載し、1Wソーラーパネルを接続して充電する。ロボット、モバイルアプリ、屋外など、電源がない場所で使う用途やバックアップ電源が必要な用途に適したマイコンだ。

ソーラーパネルによる充電時間は、天候状態にも左右されるが直射日光の下では約8時間。充電回路は過充電、過放電、過電圧保護機能付きだ。Micro USBポートからの充電も可能で、充電時間は約4時間。また、Micro USBポート経由でスケッチのダウンロードもできる。

Mobillyoは、Bluetooth Low Energy(BLE)通信機能を搭載しており、BLE経由でiPhoneアプリからLEDやスイッチなどの設定ができる。ケーブルを接続して設定する必要はない。

photo

Mobillyoは、3.3Vで動作するArduinoシールドと互換性がある。ただし、VINピンが接続されていないなどArduino Leonardoとは異なる点もあるので注意が必要だ。

photo

Mobillyoは、2017年5月12日までクラウドファンディングを実施。4月14日時点で目標額5000カナダドル(約41万円)に対して、約450カナダドル(約3万7000円)を集めている。

Mobillyoの価格は69カナダドル(約5700円)で、別売充電用ソーラーパネルの価格は5カナダドル(約400円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料はそれぞれ19カナダドル(約1600円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る