新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」

3Dプリンター用ビルドプレートを開発したGeckoTekが、プリントベッドシート「EZ Stick」のクラウドファンディングをKickstarterで開始した。

photo

EZ Stickは、FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンター用プリントベッドシート。耐久性のある耐熱ポリマーフィルム製で、裏面に粘着性がありプリントベッドに貼り付けて使用する。使用機種や材料にもよるが、シート1枚につき少なくとも100回はプリント可能だという。また、独自のコーティング技術によりプリント中の造形物のはがれや反りを防止する。

EZ Stickには「EZ Stick Hot」と「EZ Stick Cold」の2種類がある。

EZ Stick Hotは、ヒートベッド付き3Dプリンター用シート。ABS、PLA、PETG、ナイロンなどのフィラメントに対応している。プリント完了後、表面温度が下がってから専用へらを使うと造形物を破損させることなく簡単に取り外しできる。

EZ Stick Coldはヒートベッドがない3Dプリンター用で、対応フィラメントはPLAと一部のPETGのみ。学校や図書館での使用や趣味目的に適している。

photo

サイズとしては、小(205×205mmまたは150×230mm)、中(250×250mm)、大(300×300mm)、特大(400×400mm)がある。普通のハサミで切れるので、プリントベッドの形に合わせてカットして使うこともできる。

EZ Stickは、2017年5月14日までクラウドファンディングを実施。4月16日時点で目標額2万ドル(約220万円)に対して約7100ドル(約77万円)を集めている。

早期割引価格は、300×300mmサイズ1枚、または200×200mmサイズ2枚で19ドル(約2100円)。出荷は2017年8月の予定で、日本への送料は10ドル(約1100円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る