新しいものづくりがわかるメディア

RSS


木製サイドテーブルから音楽を——Bluetoothスピーカーテーブル「Mellow」

ナチュラル感のあるサイドテーブルとして使えるBluetoothスピーカーテーブル「Mellow」がKickstarterに登場した。

photo

Mellowの素材にこだわったというテーブルの3本の脚にはブナ材を使用し、テーブルの側面は織られたファブリックでカバーされている。4つの操作ボタン(オン/オフ、Bluetooth/Play/Pause/Phone、ボリューム-、ボリューム+)はファブリックに縫い込まれたデザインだ。

オーディオ機能としては、TIのDSP「TAS5711」を搭載し、12.7cm径スピーカー×4を鳴らしている。最大出力は15W×2、再生周波数帯は100Hz~18kHzだ。

photo

電源には、DC16V入力と1万3000mAhのリチウムイオン電池を内蔵する。充電池は非使用時4時間(再生時6時間)でフルチャージでき、30%の音量で7時間、75%の音量で5時間、100%の音量で3時間の再生が可能だ。また、本体にはUSBポート×2を備え、外部デバイスの充電もできる。テーブル本体のサイズは400×100mm、全高は600mm、Bluetooth4.2をサポートし、通信範囲は約10mだ。

photo
photo
photo

Mellowは、6月1日までクラウドファンディングを実施。4月18日時点で、目標額1万5000ドル(約164万円)に対して約9000ドル(約98万1000円)以上を集めている。

photo

価格は299ドル(約3万2600円)で、Kickstarterのサイトから入手できる。8月の出荷を予定しており、送料35ドル(約3820円)で日本への出荷にも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る