新しいものづくりがわかるメディア

RSS


限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」

限定150台279ポンドから入手できるFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンターキット「Proforge」がKickstarterに登場した。キットといっても組み立てにはんだ付けは不要で、必要な部品はすべてセットされている。

photo

Proforgeは279ポンドから入手できる低価格ながら、誘導センサーによるオートレベリング、最高120度のヒーテッドベッド、最高250度のホットエンドなど、充実した機能を備える。

photo

コントロール部はLCDスクリーンを搭載し、ファームウェアはMarlin、SDカードでのG-codeファイルのアップロードに対応する。コントロールボードには、Arduino Megaと3DプリンターコントロールシールドRAMPS 1.4を搭載している。

photo

ボーデンタイプのエクストルダーを採用し、250度まで加熱できるエクストルダー部には50㎜の冷却用ブロワーファンを搭載する。利用可能なフィラメントは1.75mmのLPA/ABS/PETG/Exoticsなど。また、Wi-Fi/ウェブカメラ制御システムのOctoPrintもオプションで搭載可能だ。

photo

フレームはアルミニウム製で、オプションのHDPE(高密度ポリエチレン)製サイドパネルと3mm厚のクリアパースペックス(アクリル)ルーフやドアを取り付け、密閉型にもできる。

photo

造形エリアは200×200×240mmで、最小積層ピッチは50μm。ツールキャリッジを変更することでプロッター/レーザー刻印機/CNCミリングマシンとしても使えるが、現時点ではオープンソースに関する詳細は公開されていない。

photo Fillenium Malcon By aaskedall, Thing: 919475

Proforgeは、5月15日までクラウドファンディングを実施。4月18日時点で、目標額1万7000ポンド(約232万円)に対して約1万3000ポンド(約177万円)を集めている。

photo

今なら早期割引価格279ポンド(約3万8000円)で入手できる。オプションのHDPEパネル部品は75ポンド(約1万円)、OctoPrintは60ポンド(約8200円)。7月以降の出荷を予定しており、日本への出荷にも対応するが送料は確認が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る