新しいものづくりがわかるメディア

RSS


限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」

限定150台279ポンドから入手できるFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンターキット「Proforge」がKickstarterに登場した。キットといっても組み立てにはんだ付けは不要で、必要な部品はすべてセットされている。

photo

Proforgeは279ポンドから入手できる低価格ながら、誘導センサーによるオートレベリング、最高120度のヒーテッドベッド、最高250度のホットエンドなど、充実した機能を備える。

photo

コントロール部はLCDスクリーンを搭載し、ファームウェアはMarlin、SDカードでのG-codeファイルのアップロードに対応する。コントロールボードには、Arduino Megaと3DプリンターコントロールシールドRAMPS 1.4を搭載している。

photo

ボーデンタイプのエクストルダーを採用し、250度まで加熱できるエクストルダー部には50㎜の冷却用ブロワーファンを搭載する。利用可能なフィラメントは1.75mmのLPA/ABS/PETG/Exoticsなど。また、Wi-Fi/ウェブカメラ制御システムのOctoPrintもオプションで搭載可能だ。

photo

フレームはアルミニウム製で、オプションのHDPE(高密度ポリエチレン)製サイドパネルと3mm厚のクリアパースペックス(アクリル)ルーフやドアを取り付け、密閉型にもできる。

photo

造形エリアは200×200×240mmで、最小積層ピッチは50μm。ツールキャリッジを変更することでプロッター/レーザー刻印機/CNCミリングマシンとしても使えるが、現時点ではオープンソースに関する詳細は公開されていない。

photo Fillenium Malcon By aaskedall, Thing: 919475

Proforgeは、5月15日までクラウドファンディングを実施。4月18日時点で、目標額1万7000ポンド(約232万円)に対して約1万3000ポンド(約177万円)を集めている。

photo

今なら早期割引価格279ポンド(約3万8000円)で入手できる。オプションのHDPEパネル部品は75ポンド(約1万円)、OctoPrintは60ポンド(約8200円)。7月以降の出荷を予定しており、日本への出荷にも対応するが送料は確認が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ホームオートメーションもできるよ
  2. PS4コントローラーでRCサーボを動かそう——サーボ制御基板「ServoShock 2」
  3. TechShare 、ASUSのシングルボードコンピューター「Tinker Board S」の国内販売開始
  4. GPIOピンヘッダー実装済みのPi Zero——「Raspberry Pi Zero WH」が登場
  5. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. XYZプリンティング、シリーズ最大のFFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Super」の予約販売開始
  8. 大型LCDで高速造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Kendle K2」
  9. 3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」が「ASUS Tinker Board」に正式対応
  10. 粘土素材で3Dプリンティング——セラミックプリンティングキット「StoneFlower」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る