新しいものづくりがわかるメディア

RSS


限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」

限定150台279ポンドから入手できるFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンターキット「Proforge」がKickstarterに登場した。キットといっても組み立てにはんだ付けは不要で、必要な部品はすべてセットされている。

photo

Proforgeは279ポンドから入手できる低価格ながら、誘導センサーによるオートレベリング、最高120度のヒーテッドベッド、最高250度のホットエンドなど、充実した機能を備える。

photo

コントロール部はLCDスクリーンを搭載し、ファームウェアはMarlin、SDカードでのG-codeファイルのアップロードに対応する。コントロールボードには、Arduino Megaと3DプリンターコントロールシールドRAMPS 1.4を搭載している。

photo

ボーデンタイプのエクストルダーを採用し、250度まで加熱できるエクストルダー部には50㎜の冷却用ブロワーファンを搭載する。利用可能なフィラメントは1.75mmのLPA/ABS/PETG/Exoticsなど。また、Wi-Fi/ウェブカメラ制御システムのOctoPrintもオプションで搭載可能だ。

photo

フレームはアルミニウム製で、オプションのHDPE(高密度ポリエチレン)製サイドパネルと3mm厚のクリアパースペックス(アクリル)ルーフやドアを取り付け、密閉型にもできる。

photo

造形エリアは200×200×240mmで、最小積層ピッチは50μm。ツールキャリッジを変更することでプロッター/レーザー刻印機/CNCミリングマシンとしても使えるが、現時点ではオープンソースに関する詳細は公開されていない。

photo Fillenium Malcon By aaskedall, Thing: 919475

Proforgeは、5月15日までクラウドファンディングを実施。4月18日時点で、目標額1万7000ポンド(約232万円)に対して約1万3000ポンド(約177万円)を集めている。

photo

今なら早期割引価格279ポンド(約3万8000円)で入手できる。オプションのHDPEパネル部品は75ポンド(約1万円)、OctoPrintは60ポンド(約8200円)。7月以降の出荷を予定しており、日本への出荷にも対応するが送料は確認が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る