新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」

Arduino互換のIoT開発ボード「LEDUNIA」がKickstarterで出資を募っている。

photo

LEDUNIAは、TCP/IPスタックをフルサポートするWi-Fiモジュール「ESP8266」を搭載し、Arduino IDEでプログラミングできる環境を利用してIoTアプリケーションのプロトタイピングを構築できる開発ボードだ。72×25×7.9 mmの本体に、ピンヘッダー、32MBメモリー、ネオピクセルRGB LED(WS2812)×4、標準USBプラグなどを実装し、ネオジウム磁石×4とともに半透明プラスチックケースに収めている。

photo

Microsoftのプラグ&プレイに対応し、USBをパソコンにプラグインすればWi-Fi環境の構築ができる。また、基板のグリッド間隔は一般的なブレッドボードと同じ2.54mmなので、ブレッドボードライクにセンサーなどを実装できるのはプロトタイピングに有用だろう。

photo

また、Arduino IDEだけでなく、MicroPython/Lua/JavaScript/Java/Java Processing/Basic/Mongoose OSの言語に対応するとしている。GPIOの20ピンは、UART/SPI/I2C/I2S/ADC/PWMなどのインターフェースに対応する。

photo
photo
photo

LEDUNIAの特徴でもあるネオピクセルLED用の制御信号はピンヘッダーからも取り出せるため、外付けしたLEDをコントロールすることも可能だ。

photo DHT11とI2CミニOLEDディスプレイ実装例
photo 外部アンテナ接続例

LEDUNIAは、5月14日までクラウドファンディングを実施。4月19日時点で、目標額1万8500ユーロ(約215万円)に対して約3000ユーロ(約34万9000円)を集めている。

今なら早期割引価格27ユーロ(約3140円)で入手できる。8月の出荷を予定しており、送料6ユーロ(約698円)で日本への出荷にも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る