新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」

Arduino互換のIoT開発ボード「LEDUNIA」がKickstarterで出資を募っている。

photo

LEDUNIAは、TCP/IPスタックをフルサポートするWi-Fiモジュール「ESP8266」を搭載し、Arduino IDEでプログラミングできる環境を利用してIoTアプリケーションのプロトタイピングを構築できる開発ボードだ。72×25×7.9 mmの本体に、ピンヘッダー、32MBメモリー、ネオピクセルRGB LED(WS2812)×4、標準USBプラグなどを実装し、ネオジウム磁石×4とともに半透明プラスチックケースに収めている。

photo

Microsoftのプラグ&プレイに対応し、USBをパソコンにプラグインすればWi-Fi環境の構築ができる。また、基板のグリッド間隔は一般的なブレッドボードと同じ2.54mmなので、ブレッドボードライクにセンサーなどを実装できるのはプロトタイピングに有用だろう。

photo

また、Arduino IDEだけでなく、MicroPython/Lua/JavaScript/Java/Java Processing/Basic/Mongoose OSの言語に対応するとしている。GPIOの20ピンは、UART/SPI/I2C/I2S/ADC/PWMなどのインターフェースに対応する。

photo
photo
photo

LEDUNIAの特徴でもあるネオピクセルLED用の制御信号はピンヘッダーからも取り出せるため、外付けしたLEDをコントロールすることも可能だ。

photo DHT11とI2CミニOLEDディスプレイ実装例
photo 外部アンテナ接続例

LEDUNIAは、5月14日までクラウドファンディングを実施。4月19日時点で、目標額1万8500ユーロ(約215万円)に対して約3000ユーロ(約34万9000円)を集めている。

今なら早期割引価格27ユーロ(約3140円)で入手できる。8月の出荷を予定しており、送料6ユーロ(約698円)で日本への出荷にも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る