新しいものづくりがわかるメディア

RSS


さくらインターネット、IoTプラットフォーム「sakura.io」正式サービス提供開始

さくらインターネットは、IoTプラットフォーム「sakura.io」の正式サービス提供を開始した。

photo

同社は、2016年より提供してきたIoT向けプラットフォームのβ版「さくらのIoT Platform β」の正式サービス開始に伴い、名称をsakura.ioと改め、サービスロゴも一新した。データ送受信用の通信モジュール、通信環境、データ保存や連携処理に必要なシステムを一括で提供する。

通信モジュールはキャリアのLTE閉域網でデータ送受信を行うために、インターネットを経由せずセキュアな環境での通信ができる。正式版となり新たに「ファイル配信サービス」および「簡易位置情報提供サービス」(いずれもオプション)を追加している。

料金はハードウェアが「通信モジュール」1台8000円、ブレイクアウトボード(検証ボード)1台2500円、Arduinoシールド1台5000円(いずれも5月上旬以降発送予定)となる。サービスの利用料金は通信モジュール1台あたり月額60円、その他に一定の通信回数を超えると別途通信料がかかる。さらにプランによりデータ保存料金がかかる場合もある。

さらに、大口ユーザー向けに通信モジュール90台をセットしたトレイを58万5000円で用意する。加えて、利用者が任意の形で通信モジュールの製造ができるよう、SIMやバイナリ、モデムなど一部部品を提供するハードウェアライセンスと、sakura.ioをソフトウェアへ組み込めるよう、SIMやプロトコル仕様書、サンプルコードを提供するソフトウェアライセンスの販売形式も提供するとしている。

また今回同時に、現在開発中のLoRa(920MHz)通信を使ったゲートウェイ方式対応通信モジュールに関して、LoRa通信モジュールの仕様や料金体系を協働で作り上げていくテストメンバーを、法人ユーザーを対象として募集する。申込期間は4月18日~5月31日、テスト期間は6月~10月を予定し、専用サイトにて受付中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る