新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マクニカ、米Saviokeのデリバリーロボット「Relay」をワンストップのサービスとして提供開始

マクニカは、米Saviokeと日本国内での代理店契約を締結し、デリバリーサービスロボット「Relay」を、導入/サポート/保守/メンテナンスサービスを含めたワンストップパッケージにして、RaaS(Robotics As A Service)と呼ばれるサブスクリプション形式で提供開始する。

Relayは、Saviokeが展開する自律走行型のデリバリーロボットだ。最適ルートを選択し、障害物を回避して自動走行する。エレベーターなど外部設備と連携しながら、指定された場所まで安全に品物を届けることができる。

米国のヒルトンやマリオットなどのホテルで各部屋への配送サービスに利用されているほか、物流倉庫などにも利用が広がり、10万回以上のデリバリー実績があるという。

今回マクニカでは、Relay本体とともに、導入にあたって必要となるエレベーターなど外部システムとのインテグレーション、環境へのマッピング、スタッフへのトレーニング、導入後のメンテナンスを含むサービスを、サブスクリプション方式で提供する。

さらに、エレベーターなど周辺装置と連携させるためのシステム、デリバリーが正常に行われることを監視/確認するシステム、運用管理システムも用意されており、容易に利用できるよう支援する。利用者のブランドに合わせたカスタマイズも可能だ。

今後マクニカではRelayを、ホテル業界や物流業界をはじめ、オフィスや病院、介護施設など各種サービス事業者に提供していく。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る