新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マクニカ、米Saviokeのデリバリーロボット「Relay」をワンストップのサービスとして提供開始

マクニカは、米Saviokeと日本国内での代理店契約を締結し、デリバリーサービスロボット「Relay」を、導入/サポート/保守/メンテナンスサービスを含めたワンストップパッケージにして、RaaS(Robotics As A Service)と呼ばれるサブスクリプション形式で提供開始する。

Relayは、Saviokeが展開する自律走行型のデリバリーロボットだ。最適ルートを選択し、障害物を回避して自動走行する。エレベーターなど外部設備と連携しながら、指定された場所まで安全に品物を届けることができる。

米国のヒルトンやマリオットなどのホテルで各部屋への配送サービスに利用されているほか、物流倉庫などにも利用が広がり、10万回以上のデリバリー実績があるという。

今回マクニカでは、Relay本体とともに、導入にあたって必要となるエレベーターなど外部システムとのインテグレーション、環境へのマッピング、スタッフへのトレーニング、導入後のメンテナンスを含むサービスを、サブスクリプション方式で提供する。

さらに、エレベーターなど周辺装置と連携させるためのシステム、デリバリーが正常に行われることを監視/確認するシステム、運用管理システムも用意されており、容易に利用できるよう支援する。利用者のブランドに合わせたカスタマイズも可能だ。

今後マクニカではRelayを、ホテル業界や物流業界をはじめ、オフィスや病院、介護施設など各種サービス事業者に提供していく。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  3. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. 造形物のはがれや反りを防止、簡単に取り外せる3Dプリントベッドシート「EZ Stick」
  6. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. 第3回 足りないのは人と時間。世界を取り巻くSTEM教育の現状と課題
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る