新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マクニカ、米Saviokeのデリバリーロボット「Relay」をワンストップのサービスとして提供開始

マクニカは、米Saviokeと日本国内での代理店契約を締結し、デリバリーサービスロボット「Relay」を、導入/サポート/保守/メンテナンスサービスを含めたワンストップパッケージにして、RaaS(Robotics As A Service)と呼ばれるサブスクリプション形式で提供開始する。

Relayは、Saviokeが展開する自律走行型のデリバリーロボットだ。最適ルートを選択し、障害物を回避して自動走行する。エレベーターなど外部設備と連携しながら、指定された場所まで安全に品物を届けることができる。

米国のヒルトンやマリオットなどのホテルで各部屋への配送サービスに利用されているほか、物流倉庫などにも利用が広がり、10万回以上のデリバリー実績があるという。

今回マクニカでは、Relay本体とともに、導入にあたって必要となるエレベーターなど外部システムとのインテグレーション、環境へのマッピング、スタッフへのトレーニング、導入後のメンテナンスを含むサービスを、サブスクリプション方式で提供する。

さらに、エレベーターなど周辺装置と連携させるためのシステム、デリバリーが正常に行われることを監視/確認するシステム、運用管理システムも用意されており、容易に利用できるよう支援する。利用者のブランドに合わせたカスタマイズも可能だ。

今後マクニカではRelayを、ホテル業界や物流業界をはじめ、オフィスや病院、介護施設など各種サービス事業者に提供していく。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る