新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タッチスクリーンが折り曲げられるように? ブリティッシュコロンビア大、折りたためるタッチセンサを開発

カナダのブリティッシュコロンビア大学(UBC)の研究チームが、折り曲げたり、伸び縮みさせても機能する透明なタッチセンサを開発した。このセンサは電気伝導性の高いゲルをシリコン層にサンドイッチした構造で、曲げた状態でもスワイプやタップといった操作を正しく検出できるという。研究成果は、3月15日のScience Advances誌にオンライン公開されている。

研究チームは、伸縮性とイオン伝導性を備えたポリアクリルアミドを電極とし、シリコン層で挟み込んだ5×5cmのアレイ型プロトタイプを作成した。ポリアクリルアミドに発生する静電容量の変化を通じて指のタッチを検出できる。このセンサ・アレイは、スワイプやタップのほか、数cm離れた指の動きも検出できるという。将来的にスマートフォン程度の大きさまで折りたたんで使えるタブレットも実現可能になるかもしれない。

研究チームの電気・コンピュータ工学科PhD院生Mirza Saquib Sarwar氏は、「圧力や指の接近を検出できるセンサはあるし、透明で折りたためるものもある。このデバイスの画期的なところは、全てをコンパクトなパッケージに組み込んだことだ」と語る。

このセンサは、ゲルとシリコンという汎用的な材料で作ることができ、安価かつ容易にスケールアップできる。「例えば部屋ほどの大きさのパネルを、1平方メートル数ドルのコストで作ることができ、壁や床などすべて透明で伸縮可能なタッチにすることができる」と、Sarwar氏。

また、ロボットの人工皮膚に応用することで、人間とロボットの接触を安全にすることができる、と研究を指導する応用科学部のJohn Madden教授は付け加える。「もしロボットが人間の存在を検出し、人を傷つける恐れがないほど柔軟な人工皮膚を備えていれば、壊すことなく物体を掴んだり、周囲の環境にうまく適合できるだろう」と、Madden教授は将来的な活用を展望する。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る