新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」

モジュールを交換するとレーザー刻印機、CNC彫刻機、プロッターにもなる1台4役の全金属製FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター複合機「MAG ICreatum」がKickstarterに登場した。

MAG ICreatum

MAG ICreatumは、デュアルエクストルーダ搭載のデルタ型3Dプリンター。モジュラーデザインになっており、有料オプションのヘッダモジュールを交換して機能を追加できる。剛性が高く、高精度の造形や加工が可能だ。

MAG ICreatumの本体重量は20kgで、ヘッドの最大移動速度は300mm/秒。XY(水平)解像度は12μmで、積層ピッチは5μmだ。

エクストルーダのノズル径は0.4mm。1.75mm径のABS、HIPS、PLA、PVAなどのフィラメントに対応している。オートレベリング機能付きのためレベル調整は不要だ。スライスソフトは「Cura」と「Slic3r」に対応しており、ファイル形式はSTL、OBJ、G-codeをサポートしている。

MAG ICreatum Laser Egraving on Leather

レーザーモジュールの出力は200mW。500mWへのアップグレードも可能だ。

CNCモジュールのスピンドル回転数は5000~2万rpm。木材とプラスチックに彫刻を施せる。CNCモジュールにはミリングテーブルとクランプが付属する。

MAG ICreatum Milling

また、プロッターペンホルダーモジュールに鉛筆やペンを装着すると、1:1の縮尺で2次元描画ができる。

現在、Kickstarterで提供されているMAG ICreatumの価格は、エクストルーダ、ヒートベッド、1.75mm径フィラメント0.5kgなどが付属して179ユーロ(約2万1000円)。オプションのレーザーモジュールとCNCモジュールはそれぞれ69ユーロ(約8000円)、プロッターペンホルダーは39ユーロ(約4600円)で購入できる。

出荷は2017年11月の予定で、日本への送料は99ユーロ(約1万2000円)だ。

MAG ICreatumは、2017年6月20日までクラウドファンディングを実施。4月24日時点で、目標額5万ユーロ(約585万円)に対して約2万9000ユーロ(約340万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る