新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」

モジュールを交換するとレーザー刻印機、CNC彫刻機、プロッターにもなる1台4役の全金属製FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター複合機「MAG ICreatum」がKickstarterに登場した。

MAG ICreatum

MAG ICreatumは、デュアルエクストルーダ搭載のデルタ型3Dプリンター。モジュラーデザインになっており、有料オプションのヘッダモジュールを交換して機能を追加できる。剛性が高く、高精度の造形や加工が可能だ。

MAG ICreatumの本体重量は20kgで、ヘッドの最大移動速度は300mm/秒。XY(水平)解像度は12μmで、積層ピッチは5μmだ。

エクストルーダのノズル径は0.4mm。1.75mm径のABS、HIPS、PLA、PVAなどのフィラメントに対応している。オートレベリング機能付きのためレベル調整は不要だ。スライスソフトは「Cura」と「Slic3r」に対応しており、ファイル形式はSTL、OBJ、G-codeをサポートしている。

MAG ICreatum Laser Egraving on Leather

レーザーモジュールの出力は200mW。500mWへのアップグレードも可能だ。

CNCモジュールのスピンドル回転数は5000~2万rpm。木材とプラスチックに彫刻を施せる。CNCモジュールにはミリングテーブルとクランプが付属する。

MAG ICreatum Milling

また、プロッターペンホルダーモジュールに鉛筆やペンを装着すると、1:1の縮尺で2次元描画ができる。

現在、Kickstarterで提供されているMAG ICreatumの価格は、エクストルーダ、ヒートベッド、1.75mm径フィラメント0.5kgなどが付属して179ユーロ(約2万1000円)。オプションのレーザーモジュールとCNCモジュールはそれぞれ69ユーロ(約8000円)、プロッターペンホルダーは39ユーロ(約4600円)で購入できる。

出荷は2017年11月の予定で、日本への送料は99ユーロ(約1万2000円)だ。

MAG ICreatumは、2017年6月20日までクラウドファンディングを実施。4月24日時点で、目標額5万ユーロ(約585万円)に対して約2万9000ユーロ(約340万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る