新しいものづくりがわかるメディア

RSS


住野よる「君の膵臓をたべたい」とコラボ——テクノロジーで本の世界観を再現する「Bookkey」

日本出版販売は、1月にデジタルハリウッドと共同開催した「書店体験を変えるIoTプロダクトHACKATHON」入賞プロダクト実証実験の第1弾として、優秀賞受賞プロダクト「Bookkey(ブッキー)」を4月27日から文禄堂荻窪店に設置した。

Bookkeyは人感センサーや重さセンサーの働きにより、人や物の動きを感知して画像や映像に加え、香りや音、風などを生じさせるデバイスだ。

今回の実証実験では、同日に文庫版が発売された小説「君の膵臓をたべたい」(住野よる/双葉社)とのコラボレーション企画として、荻窪店内に設置された移動式本屋「BOOK ROUTE」内に特設コーナーを設置。Bookkeyの前を通りかかった客の年齢や性別を認識し、その人に合った音、香り、風といったコンテンツを発信し、「キミスイ」の世界を再現する。

同会場には、作品内で主人公とヒロインが出会うきっかけとなった「共病文庫」をイメージしたメッセージノートを設置する。ノートへの書き込みは作者に「読者の声」としてプレゼントされる予定。また、ノートにメッセージを書き込むと、特設コーナー設置のモニターに隠しコンテンツが表示される仕組みだ。

さらに、作品のカバーイラストを手がけたイラストレーターloundraw氏のパネルを展示。期間中に文庫版を購入すると、同作品や「また、同じ夢を見ていた」「よるのばけもの」など、住野よる作品のオリジナル缶バッジがプレゼントされる。(先着30名、ランダム1種)

なお、「書店体験を変えるIoTプロダクトHACKATHON」実証実験は、吉祥寺/高円寺で第2弾プロジェクト以降を順次開催予定だ。

Bookkeyの実証実験は5月7日まで、文禄堂荻窪店(東京都杉並区荻窪5-30-6 福村産業ビル1F)にて開催中。書店営業時間は9:00~25:00まで(日/祝のみ10:00~24:00)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る