新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手軽に3Dライブストリーミング——ハンディ3Dカメラ「SID」

多機能ながら179ドルで買えるハンディ3Dカメラ「SID」がKickstarterに登場した。

photo

SIDは、本体サイズ80×40×19.5mmで重さ60gと小型軽量な3Dカメラで、どこでも手軽に3Dライブストリーミングや立体イメージを楽しめる。

photo

Android/iOSに対応する専用アプリで、ビデオのライブビューやARを取り入れた編集、シェアなどができる。またアプリでパララックス(視差)のセッティングを調整することで、立体イメージの見え方を変えられる。

photo

SIDオリジナル機能として、撮影の全体像はそのままに、気になる部分だけをクローズアップできるハイライト機能や、対象物を追いかけ撮影し続けるオートフォロー機能を備える。ほかにも、オートステレオスコープの左右のレンズからの視線を交互に表示させる、「Wiggle Gram」と呼ばれるユニークなイメージも作成できる。

photo

手ぶれを防止する3軸のジンバル(回転台)が付属する「CINEMATIC KIT」も用意されており、プロ級の撮影が可能になるという。また、アクションカメラ「GoPro」のジンバルも互換性があり、利用できる。

撮影したビデオは、VRヘッドセット、オートステレオスコープディスプレイ、3Dテレビ、3Dプロジェクターなどで視聴できる。ビデオ最高解像度は3K(2880×1440)/30fps、フォト最高解像度は32M(8064×4032)だ。

photo

SIDは、6月11日までクラウドファンディングを実施。5月9日時点で、既に目標額の2万5000ドル(約284万円)を上回る約4万5000ドル(約511万円)を集めている。

SIDの小売り予定価格は299ドル(約3万3900円)で、今なら40%オフの早期割引適用価格179ドル(約2万300円)で入手できる。8月の出荷を予定しており、日本への送料は13ドル(約1480円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  2. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  3. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  4. オーム社、「いまからはじめるNC工作 Jw_cadとNCVCでかんたん切削」第2版発刊
  5. 重さ2.5kgでレーザー刻印もオプションで可能——ポータブル3Dプリンター「Migo」
  6. 機械学習に必要なPythonの基礎を解説——翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」発刊
  7. ケーブル接続してスマートフォンで操作——ホビー向けワイヤレス制御モジュール「ELIO」
  8. PCケースをチューンアップできる——ArduinoベースのPCケースコントローラー「urPC」
  9. 単身赴任のムカイさんへ。ドイツで役立つグッズを1000円で作りました!
  10. MESH、Raspberry Piに対応したMESHハブアプリケーションを配布開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る