新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボット工学の生涯学習に——Raspberry Piベースのロボットコントローラー「Hedgehog」

Raspberry Piベースの学習用ロボットコントローラー「Hedgehog」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。全年齢層向けで、成長しても幼い頃と同じコントローラーを使い続けてロボット工学を学習できる点に特徴がある。

Hedgehog: Classroom Ready

Hedgehogは、ハードウェアコントローラーとRaspberry Pi 3で構成するロボットコントローラー。ハードウェアコントローラーは、DCモーターポート×4、RCサーボポート×4、センサーポート×16(アナログ×8、デジタル×8)を備えている。自作したロボットのモーター、サーボ、センサーに接続して、ロボットの動作をプログラムで制御できる。

Hedgehog

小学生以上の子どもでもプログラミングができるよう「Blockly」を使ったビジュアルプログラミングに対応。成長してテキストベースのプログラミングができるようになると、そのまま「Python」へ移行できる。また、開発元独自のウェブベースIDE(統合開発環境)も用意されており、ブラウザを使ったプログラミングも可能だ。

IDEサーバーはコントローラー上で動作しているため、インターネット接続は不要。コントローラーにはWi-Fiまたはイーサネット経由で接続する。

Hedgehog

Hedgehogは、コントローラーボードのみの「DIY Shield」、コントローラーボード、2200mAhリチウムポリマー電池、充電器、アクリル製ケースを含む「DIY Hedgehog」、Raspberry Pi 3とコントローラーボードを組み立てた完成品の「Hedgehog Controller」、Hedgehog Controllerとロボットの組み立てに必要なシャーシ、モーター、赤外線センサーなどをセットにした「Hedgehog Robot Kit」の4種類が用意されている。

Hedgehog

Hedgehogは2017年7月9日までクラウドファンディングを実施中。5月15日時点で目標額1万2000ユーロ(約150万円)に対して、約5400ユーロ(約66万円)を集めている。

Hedgehogの早期割引価格は、DIY Shieldが99ユーロ(約1万2000円)、DIY Hedgehogが159ユーロ(約2万円)、Hedgehog Controllerが199ユーロ(約2万5000円)、Hedgehog Robot Kitが299ユーロ(約3万7000円)。いずれも出荷は2017年10月の予定で、日本への送料は25ユーロ(約3000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る