新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

オーレーザーは、従来よりも集塵脱臭能力を強化し、室外排気を不要にできるレーザー加工機用小型集塵脱臭機「MIRUKU(ミルク)」を6月19日に発売する。

photo

同社によると、水と活性炭で集塵する従来の集塵脱臭機は室外排気が前提だったが、MIRUKUは室内で運用できるように内部フィルターの構成から新規に設計し、集塵能力と脱臭能力を強化した。

同社のレーザー加工機「HAJIME」であれば、排気用送風機がそのまま使用できる。HAJIME以外のレーザー加工機には送風機付のセットを利用し、付属のダクトホースを加工機の排気口のサイズに合わせる変換アダプタを用意すればよい。

photo
photo

また、初期集塵を担うプレフィルターと2次フィルターの価格を抑えているため、これらを定期的に交換して集塵性能を維持すれば、高価な活性炭フィルターとHEPAフィルターの寿命を延ばすことができるという。

外形寸法は330×330×560mm、重量22.8kg、動作時温度は13~35℃、保管時温度は5~45℃となっている。

HAJIME ユーザー向けMIRUKUはダクトホースが1本付いて14万8000円、一般ユーザー向け送風機付セットはダクトホースが2本付いて18万4000円だ。

消耗品の価格は、プレフィルター3980円、2次フィルター1万3800円、FINEフィルター1万9800円、活性炭フィルター1万9800円、HEPAフィルター2万6800円(価格はいずれも税別)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 液晶付きマイコン「M5Stack」 と Google Home で、子どもとメッセージがやりとりできるシステムを作ってみた
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  4. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  5. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  6. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」
  7. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  8. 8ツールタレットでスピーディーに加工——5軸ミルターンセンター「SwissMak」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. 二足歩行ロボットを作ろう——オーム社、「ROBO-ONEにチャレンジ! 二足歩行ロボット自作ガイド」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る