新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボンサイラボ、教育市場向けに3Dペン「BS 3D PEN EDU1」と低価格3Dプリンタ—「BS CUBE」を発売

ボンサイラボは、学校向けに3Dペン「BS 3D PEN EDU1」と3Dプリンタ—「BS CUBE」を発売する。

photo BS 3D PEN EDU1

BS 3D PEN EDU1は、これまでのクレヨンや絵の具に替えて3次元でイメージを手描きできる3Dペンだ。

photo

同社では、3Dペンの手軽さに注目し、ワークショップで子ども達に体験してもらいながら学校教育の現場で問題なく使える品質の実現に向けて取り組み、製品化を決めたという。

photo

子どもでも失敗を少なくし、快適な環境で使えるためのスターターキットやバリエーション豊富でカラフルなフィラメントを用意し、今後図工やプログラミング授業にも対応したコンテンツの販売なども予定する。

photo BS CUBE

BS CUBEは、面倒なメンテナンスは最小限にし、箱を開けてからセットアップまで5分でできるというビギナー向け3Dプリンターだ。PLAフィラメントを使用するFFF方式で、本体サイズは210×195×275mm、重量は2.4kgと、子どもでも扱いやすいコンパクトサイズになっている。造形サイズは110×110×125mmだ。

photo

学校でも使いやすいよう、パソコンと接続しなくてもプリントできるLCDコントローラーとSDカードを標準装備する。同社によれば、学校での大量購入に備えて保守プランを充実させ、コミュニティも新設するとしている。

photo

価格は、BS 3D PEN EDU1が6000円、BS CUBEが2万9800円(価格はいずれも税別)だ。

なお、両製品とも、5月17~19日に東京ビッグサイトで開催される第8回 教育ITソリューションEXPO(EDIX2017)の同社ブースにて展示、受注を開始する。販売開始は6月としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る