新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手持ちの3Dプリンターで遠隔印刷できる——3Dプリンター用リモコンプラットフォーム「Waggle」

3Dプリンター用リモートコントロールプラットフォーム「Waggle」がKickstarterにて出資を募っている。

photo

Waggleは、3Dプリンターを遠隔操作するためのリモートコントロールプラットフォームだ。Waggle本体をUSBケーブルで手持ちの3Dプリンターに接続するだけで、クラウドアプリケーションを利用して遠隔印刷することができる。

photo

Waggleの利用方法は簡単で、3Dモデルをクラウドアプリ「Waggle Cloud」にアップロードして専用スライサーで加工、G-codeを作成し、Waggle本体を接続した3Dプリンターに送信する仕組みだ。3Dデータの保存にはDropbox/Google Drive/iCloudといった既存クラウドサービスが利用できるうえ、Waggleの専用サーバーにて250MBのストレージを無料で提供するとしている。

photo

また、カメラを内蔵しており、印刷ジョブ進行状況をスナップショット/ストリーミング(720p)機能で簡単に遠隔監視できる。通知機能によって、プリント終了通知だけでなく、ノズルの状況やヒートベッドの温度変化といったアラートも通知できる。印刷状況は、スマートフォンアプリを利用して、他の利用者とも共有することも可能だ。なお、スマートフォンアプリとの接続はWi-Fiで、802.11 b/g/nに対応し、Android OS (4.3以上)/iOS(8.0以上)をサポートする。

photo

Waggleは、オープンソースのファームウェアを搭載する3Dプリンターに対応し、現時点での対応機種一覧は、WaggleのWebページから確認できる。また、リストにない3Dプリンターについても、要望があればドライバーのアップデートに応じるとしている。

photo

本体寸法は35×26×97mm。本体セットには電源供給用MicroUSBケーブル×1、3Dプリンタ接続用USB-Bケーブル×1、電源ソケット(DC 5V/1A)やマニュアル等が付属する。

photo

セット価格は99ドル(約1万1000円)。Kickstarterでは同セットを60ドル(約6660円)で購入できるプランなどを提供している。日本への発送には送料として20ドル(約2220円)が必要だ。

Waggleは、Kickstarterにて6月16日までクラウドファンディング中。目標額1万ドル(約111万円)に対し、5月17日時点で3500ドル(約38万9000円)以上を集めている。製品出荷は8~9月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る