新しいものづくりがわかるメディア

RSS


kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表

kickstarterが、年内に日本からのプロジェクト立ち上げに対応することを発表した。

ニューヨークに本社をおくkickstarterは、世界最大のクラウドファンディングプラットフォームだ。同社によれば、2009年4月の設立以降、1290万人から30億ドルもの資金を調達し、12万件以上のプロジェクトが成功を収めている。

ただし、支援を得るためのプロジェクトを立ち上げられる国が限られており、アメリカ以外では、オーストリア、オーストラリア、ベルギー、カナダ、スイス、ドイツ、デンマーク、スペイン、フランス、イギリス、香港、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、メキシコ、オランダ、ノルウェー、ニュージーランド、スウェーデン、シンガポールのいずれかの国か地域であることが条件だ。

そのため、これまで日本発のプロジェクトを開催する場合、上記対象国に拠点を置く代理店に依頼したり、対象国に現地法人を立ち上げる必要があるなど、資金調達のハードルは高かった。

その一方で、kickstarterはこれまで、プロジェクトを成功させるためのアドバイス能力が認められた日本企業をkickstarter expertとして認定するなど、日本を拠点とする企業とのアライアンスも進めていた。

日本を対象国とするという今回の発表について、プロジェクト開催の条件など詳細を待つ必要はあるが、日本発のプロダクトやサービスを世界に広めようというクリエーターや企業にとって、大きなチャンスとなるだろう。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 液晶付きマイコン「M5Stack」 と Google Home で、子どもとメッセージがやりとりできるシステムを作ってみた
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  4. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  5. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  6. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」
  7. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  8. 8ツールタレットでスピーディーに加工——5軸ミルターンセンター「SwissMak」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. 二足歩行ロボットを作ろう——オーム社、「ROBO-ONEにチャレンジ! 二足歩行ロボット自作ガイド」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る