新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントでロケットエンジンを改良——部品数を90%以上削減、数カ月の期間短縮に

米Aerojet Rocketdyneは2017年4月3日、3Dプリント技術を利用して、ロケットエンジン「RL10」推力室の改良に成功したと発表した。

同社はここ10年ほど、RL10などの推進システムに3Dプリント技術を導入。製造コストを抑えて、より高いデザインとパフォーマンスを備えたロケットエンジンを製造する取り組みを続けてきた。

3Dプリンタで製造されたRL10の推力室は、現行のモデルRL10C-1の後継品として利用される見込みだ。RL10C-1は、複数のステンレスの鋼鉄管を非常に複雑に組み合わせており、製造に数カ月かかる。一方、3Dプリンタで作るRL10は2つの銅合金パーツだけで作られており、1カ月以内に製造可能だ。部品点数を比べると、90%以上削減することになるという。3Dプリンタの使用により製造期間は短縮され、従来の製造技術と比べて、ずっと少ない部品でシンプルかつ安価に製造できる。

3Dプリンタのもう一つの利点は、熱伝導率の向上だ。3Dプリンタの使用により、熱伝導率が高いロケットエンジンの設計と製造ができる。それにより、ロケット発射時に非常に重宝される「よりコンパクトで軽いエンジン」の製造が実現できるという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  3. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  4. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  5. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」
  6. 造形エリア500×500×500mm——CNCマシンにもなるFFF方式3Dプリンター「Xcustom Maker 3 L 5050」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  9. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る