新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントでロケットエンジンを改良——部品数を90%以上削減、数カ月の期間短縮に

米Aerojet Rocketdyneは2017年4月3日、3Dプリント技術を利用して、ロケットエンジン「RL10」推力室の改良に成功したと発表した。

同社はここ10年ほど、RL10などの推進システムに3Dプリント技術を導入。製造コストを抑えて、より高いデザインとパフォーマンスを備えたロケットエンジンを製造する取り組みを続けてきた。

3Dプリンタで製造されたRL10の推力室は、現行のモデルRL10C-1の後継品として利用される見込みだ。RL10C-1は、複数のステンレスの鋼鉄管を非常に複雑に組み合わせており、製造に数カ月かかる。一方、3Dプリンタで作るRL10は2つの銅合金パーツだけで作られており、1カ月以内に製造可能だ。部品点数を比べると、90%以上削減することになるという。3Dプリンタの使用により製造期間は短縮され、従来の製造技術と比べて、ずっと少ない部品でシンプルかつ安価に製造できる。

3Dプリンタのもう一つの利点は、熱伝導率の向上だ。3Dプリンタの使用により、熱伝導率が高いロケットエンジンの設計と製造ができる。それにより、ロケット発射時に非常に重宝される「よりコンパクトで軽いエンジン」の製造が実現できるという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る