新しいものづくりがわかるメディア

RSS


明成化学、3Dプリンター用PLAフィラメント「3D Prinstar PLA」を発売

明成化学は、3Dプリンター用PLAフィラメント「3D Prinstar PLA」を発売した。

3D Prinstar PLAは、日本製加工機での国内生産という純国産をうたっており、生産中の常時モニタリングによって安定した線径と高い真円度を持つのが特徴だ。規格外品は出荷せずに生産段階で除外される。素材のPLA樹脂を厳選することで高い定着性を持ち、反りや割れが少ないために大型造形も可能だとしている。

また、原材料は事前に乾燥させ、フィラメント内の水分を排除することで物性を安定化させている。包装にもこだわり、湿気を防止するアルミフィルムでの真空包装することで乾燥状態を保持し、樹脂の劣化を防止するよう工夫されている。

線径は1.75mm±0.05mm、推奨使用温度はノズルが200~220度、テーブルが55~60度だ。ボビンのサイズは直径が202mm、穴径が52mm、厚みが80mm、一巻長さ約340mでカラーはホワイトとブラックの2色がある。ネットショップでの直販価格は、各色4212円(税込)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る