新しいものづくりがわかるメディア

RSS


車内や野外でラズパイやArduinoに電圧を安定供給——5V系デバイス用電源ボード「PiGO」

5V電圧を安定供給できるRaspberry Pi/Arduino用電源ボード「PiGO」がIndiegogoで出資を募っている。5V系デバイスへの給電以外にスマートフォン充電用USBポートも備えており、スマートフォンの充電も可能だ。

PiGO

PiGOは、一瞬停電したり電力供給が不安定になったりする電力供給源でも入力電源を安定して5Vに整流するDC/DCコンバーターボードだ。

Raspberry PiやArduinoなど5V入力電源を必要とするデバイスを、自動車のシガーソケットやソーラーバッテリーのような電力供給源に接続して使用する場合に適している。車のイグニッション電源を入れたり切ったりする際、一時的に停電状態になっても5V電圧を供給し続けるパワーバンク機能を搭載する。

PiGO

PiGOは、Raspberry Pi A+/B+/2B/3B/Zero、Arduino、Banana Piなどの5V系デバイスに対応。Raspberry Pi A+/B+/2B/3Bには装着が可能だ。

サイズは64×56×12mmで、重さは75g。基板上にスマートフォン充電用USB2.0ポート×2、Raspberry Pi用USBポート×1、Raspberry Pi/Arduino用電源コネクタ×2を搭載する。

PiGO

入力電圧は4.5~18Vで、スマートフォン充電用USB2.0ポートの出力は4.85~5.15V/700mA、Raspberry Pi/Arduino用ポートの出力は4.9~5.1V/2.5Aだ。

PiGO

PiGOは、2017年7月上旬まで500ドル(約5万5000円)を目標にクラウドファンディングを実施。予定小売価格は25ドル(約2760円)で、今なら40%オフの早期割引価格15ドル(約1650円)で入手できる。2017年8月の出荷を予定しており、日本への送料は2ドル(約220円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」
  2. 3ピース構造でPiカメラがマウントできる——カラフルなRaspberry Piケース「PiShell」
  3. オーム社、機械学習の基礎知識から深層学習までを学ぶ「マンガでわかる機械学習」発刊
  4. Arduino Zero互換でクロック120MHz——32-bit ARM M4Fマイコンモジュール「Tachyon」
  5. 指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」
  6. デスクトップにおける小型メタルボディ——FFF方式小型3Dプリンター「rs-Mini」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. カットシステム、OpenCVによる画像、動画処理の解説書「Pythonで始めるOpenCV3プログラミング」発刊
  9. 「第22回機械要素技術展」で、自分でも買えそうな気になる製品を探してみた
  10. 新生活に役立つものを1000円で作っちゃおう!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る