新しいものづくりがわかるメディア

RSS


車内や野外でラズパイやArduinoに電圧を安定供給——5V系デバイス用電源ボード「PiGO」

5V電圧を安定供給できるRaspberry Pi/Arduino用電源ボード「PiGO」がIndiegogoで出資を募っている。5V系デバイスへの給電以外にスマートフォン充電用USBポートも備えており、スマートフォンの充電も可能だ。

PiGO

PiGOは、一瞬停電したり電力供給が不安定になったりする電力供給源でも入力電源を安定して5Vに整流するDC/DCコンバーターボードだ。

Raspberry PiやArduinoなど5V入力電源を必要とするデバイスを、自動車のシガーソケットやソーラーバッテリーのような電力供給源に接続して使用する場合に適している。車のイグニッション電源を入れたり切ったりする際、一時的に停電状態になっても5V電圧を供給し続けるパワーバンク機能を搭載する。

PiGO

PiGOは、Raspberry Pi A+/B+/2B/3B/Zero、Arduino、Banana Piなどの5V系デバイスに対応。Raspberry Pi A+/B+/2B/3Bには装着が可能だ。

サイズは64×56×12mmで、重さは75g。基板上にスマートフォン充電用USB2.0ポート×2、Raspberry Pi用USBポート×1、Raspberry Pi/Arduino用電源コネクタ×2を搭載する。

PiGO

入力電圧は4.5~18Vで、スマートフォン充電用USB2.0ポートの出力は4.85~5.15V/700mA、Raspberry Pi/Arduino用ポートの出力は4.9~5.1V/2.5Aだ。

PiGO

PiGOは、2017年7月上旬まで500ドル(約5万5000円)を目標にクラウドファンディングを実施。予定小売価格は25ドル(約2760円)で、今なら40%オフの早期割引価格15ドル(約1650円)で入手できる。2017年8月の出荷を予定しており、日本への送料は2ドル(約220円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 「フィラメント」はどこから来てどこへ行くの?——3Dプリント用プラスチックの歴史と付き合い方
  3. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  4. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  5. コインを入れたら動くものを作ってみよう——コインメック「Arduino Coin Processor Set」
  6. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  7. 超軽量、実用的でスタイリッシュ——3Dプリンティングが可能にした多孔構造ステッキ「ENEA」
  8. 1000円以内で役立つお盆を作ろう! お盆だけに……
  9. 電流センサー付Arduinoモーターシールド「H-Bridge Motor Shield」
  10. Wi-Fiモジュール+クラウド+スマホアプリで9ドル——安くて早いIoTプラットフォーム「BOLT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る