新しいものづくりがわかるメディア

RSS


車内や野外でラズパイやArduinoに電圧を安定供給——5V系デバイス用電源ボード「PiGO」

5V電圧を安定供給できるRaspberry Pi/Arduino用電源ボード「PiGO」がIndiegogoで出資を募っている。5V系デバイスへの給電以外にスマートフォン充電用USBポートも備えており、スマートフォンの充電も可能だ。

PiGO

PiGOは、一瞬停電したり電力供給が不安定になったりする電力供給源でも入力電源を安定して5Vに整流するDC/DCコンバーターボードだ。

Raspberry PiやArduinoなど5V入力電源を必要とするデバイスを、自動車のシガーソケットやソーラーバッテリーのような電力供給源に接続して使用する場合に適している。車のイグニッション電源を入れたり切ったりする際、一時的に停電状態になっても5V電圧を供給し続けるパワーバンク機能を搭載する。

PiGO

PiGOは、Raspberry Pi A+/B+/2B/3B/Zero、Arduino、Banana Piなどの5V系デバイスに対応。Raspberry Pi A+/B+/2B/3Bには装着が可能だ。

サイズは64×56×12mmで、重さは75g。基板上にスマートフォン充電用USB2.0ポート×2、Raspberry Pi用USBポート×1、Raspberry Pi/Arduino用電源コネクタ×2を搭載する。

PiGO

入力電圧は4.5~18Vで、スマートフォン充電用USB2.0ポートの出力は4.85~5.15V/700mA、Raspberry Pi/Arduino用ポートの出力は4.9~5.1V/2.5Aだ。

PiGO

PiGOは、2017年7月上旬まで500ドル(約5万5000円)を目標にクラウドファンディングを実施。予定小売価格は25ドル(約2760円)で、今なら40%オフの早期割引価格15ドル(約1650円)で入手できる。2017年8月の出荷を予定しており、日本への送料は2ドル(約220円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る