新しいものづくりがわかるメディア

RSS


菜園や花壇をパトロールして雑草だけをカット——ロボット草刈機「Tertill」

自律制御で雑草だけを取り除いてくれるロボット草刈機「Tertill」がKickstarterで出資を募っている。

photo

Tertillは、室内用のお掃除ロボットに似た形状の自動草取りロボットだ。本体上面には電源ボタンとLEDインジケーター、ソーラーパネルを搭載し、底部にはホイールとスピーカー、ハンドル、雑草センサー、ナイロン製の雑草カッターを備える。

photo

Tertillは、植物が雑草かそうでないかはその背の高さで判定している。約5センチよりも高い植物を検知すると向きを変え、それ以下の植物がロボットの下に入ってくると雑草カッターを作動させる。雑草カッターはストリング状のナイロン製トリマーで、スピンさせることで地面すれすれでカットする。毎日カットしているので、背が低い植物はすべて雑草だという考え方だ。5センチ以下の背の低い植物を守るためには、専用カラーで囲って高さ5センチ以上に見せかければよい。

photo

Tertillが菜園や花壇から出てしまわないよう、周囲を5センチ以上のフェンスや段差などで囲む必要がある。Bluettoth LE接続により、スマートフォンのアプリで庭の温度やカットした雑草の数、ランニング時間などを確認できる。本体サイズは直径210mmで高さが121mm、重さは1.1kgで、防水仕様だ。

本体上部の太陽電池パネルで発電した電力で内蔵リチウムイオンバッテリーを充電できるほか、MicroUSBポートからもチャージできる。晴れの日には活発に動き、曇りの日が続くとパトロールの回数を減らすなど、スマートに節電するという。本体底部には4個の傾斜ホイールを備え、柔らかい土壌や傾斜地にも対応する。

photo

Tertillは、7月13日までクラウドファンディングを実施。6月14日時点で、目標額12万ドル(約1320万円)に対して約4万3000ドル(約473万円)以上を集めている。

photo

予定小売価格は249ドル(約2万7400円)で、今なら早期割引適用価格225ドル(約2万4800円)で入手できる。2018年5月の出荷を予定しており、出荷先はアメリカとカナダのみだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  6. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  7. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  8. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. ロボットへの好奇心を刺激する——ロボットプログラミングが学べる3輪ロボットキット「Robby」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る