新しいものづくりがわかるメディア

RSS


新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、5月13日・14日に、新技術と地元の伝統工芸品を組み合わせたものづくりを競うハッカソンイベント「メイキン クエスト」を開催。その模様を、メ~テレ開局55周年記念番組として6月22日(木)に放送する。

メイキン クエストは、メ~テレが「地元のモノづくり」を盛り上げることを目的に企画したものづくりコンテスト。「伝統工芸を最新技術でハックし、人を笑顔にするおみやげを作る」のが課題だ。

「国を救うため王の元に集まった勇者たち」という設定のもとで技を競うのは、名城大学の学生チームや、デンソー、トヨタ自動車といった大企業の技術者によるチームなど、ものづくりのスペシャリストたち40人による8つのチーム。各チームには吉木りさ、野性爆弾くっきーら芸能人も参加する。

題材となる伝統工芸には、大ヒットしたアニメ映画で話題になった「組紐」や、開催地大垣名産の「枡」など、三重、愛知、岐阜の東海三県から6種が選ばれている。また新技術では、API&アプリ、電子部品、素材、工作機械の4つの分野で、地元企業のほか各種企業が協力している。

空伝灯(そら でん とう)
銘菓っぷ(めいかっぷ)

これら伝統工芸と新技術を組み合わせて生まれたハイテクおみやげは、ドローンを使った空飛ぶ行燈や、ボーカロイド技術を使ってお菓子の説明をする菓子の台座、3軸加速度センサーで傾きを感知して語りかける酒枡など、いずれもユニークなプロダクトとなっている。

酒かたり枡(さけかたります)

放送は6月22日(木)24:55〜26:25で、放送エリアは愛知・岐阜・三重。また6月27日(火)からGYAO!にて配信される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 「フィラメント」はどこから来てどこへ行くの?——3Dプリント用プラスチックの歴史と付き合い方
  3. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  4. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  5. コインを入れたら動くものを作ってみよう——コインメック「Arduino Coin Processor Set」
  6. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  7. 超軽量、実用的でスタイリッシュ——3Dプリンティングが可能にした多孔構造ステッキ「ENEA」
  8. 1000円以内で役立つお盆を作ろう! お盆だけに……
  9. 電流センサー付Arduinoモーターシールド「H-Bridge Motor Shield」
  10. Wi-Fiモジュール+クラウド+スマホアプリで9ドル——安くて早いIoTプラットフォーム「BOLT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る