新しいものづくりがわかるメディア

RSS


水を入れてポッドをセットするだけ——キッチンにおけるスマート水耕栽培器「AVA Byte」

家庭用全自動水耕栽培キット「AVA Byte」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

AVA Byteは、室内でトマトやハーブなどの野菜を栽培できる水耕栽培器だ。予めタネや必要な肥料がセットされた栽培用ポッド「AVA Pod」をセットし、水を補充するだけでよい。内蔵する環境センサーが温度、湿度、外光を検出し、自動で水量とLEDの光量調整をしてくれる。

photo

AVA Podは同時に5個セットでき、発注時に自分が育てたい野菜を選ぶことができる。育てることができるのは、トマト、ハーブ、リーフレタスからペッパーやマッシュルームなど、多くの野菜が用意されている。環境にも配慮し、AVA Podには生分解性をもつPLA樹脂と遺伝子組み換えでないコーンを原料とした栽培スポンジを使っている。

photo

セットした水量が少なくなると水量センサーで検知し、Wi-Fi経由でスマートフォンアプリに通知する。また、HDカメラで野菜の成長をタイムラプスビデオとして記録できる。Android/iOS対応のアプリでは、撮影した写真の共有や、水量の確認、容器内温度/湿度のモニタリングに加え、野菜を使ったレシピの投稿/共有もできる。

photo

本体カラーはホワイト、グレー、ブラックの3種類をラインアップ。本体サイズは約46×12×19cmで、ライトの高さは野菜に合わせて最大53cm程度まで調整できる。

photo

予定価格はAVA Byte本体と電源アダプター(12V)、AVA Pod×5がセットとなって299ドル(約3万2900円)程度で、Indiegogoでは同セットが199ドル(約2万1700円)で購入できるプランなどを用意する。20ドル(約2200円)で日本への発送にも対応するが、ポッドにタネが含まれているため、植物検疫の確認が必要だろう。

photo

AVA ByteはIndiegogoにてクラウドファンディング中だ。目標額3万ドル(約330万円)は開始12時間で達成し、6月16日時点で4万5000ドル(約495万円)以上を集めている。製品出荷は2018年3月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  2. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  5. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  6. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア
  7. 1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  10. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る