新しいものづくりがわかるメディア

RSS


京都にて量産化を支援する試作ファンド設立——初投資先はMIT傘下の米ベンチャー企業

Darma Tech Labsが運営するMakers Boot Camp(MBC)は、ジェネラルパートナー(GP)として管理するファンド「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」を組成することを発表した。同時にDMG森精機がリミテッド・パートナー(LP)として出資する。

同ファンドは2017年3月にMBCがGP、京都銀行がアンカーLPとして設立することを発表したもので、国内外のIoTスタートアップの試作支援および投資によって、日本のものづくりを世界に広める役割を担うとしている。

photo

また、同ファンドの初の投資案件として、米Boston Biomotion(BB)に出資することも決定した。

photo

BBは、ハードウェアとソフトウェアの両面からプロスポーツ選手のリハビリやトレーニングを支援するソリューションの提供を行うベンチャー企業で、米マサチューセッツ工科大学(MIT)がBBの株式を保有している。当出資によりMBCの人材やノウハウを活用し、さらに京都試作ネットと協力して、BBが提供するハードウェアの試作や量産を推進する計画だ。

MBCは今年中に20億円の資金調達を達成し、金融機関や各分野の事業会社との連携を強化することで京都をものづくり/IoTスタートアップの都にすることを目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  2. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  5. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化
  10. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る