新しいものづくりがわかるメディア

RSS


京都にて量産化を支援する試作ファンド設立——初投資先はMIT傘下の米ベンチャー企業

Darma Tech Labsが運営するMakers Boot Camp(MBC)は、ジェネラルパートナー(GP)として管理するファンド「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」を組成することを発表した。同時にDMG森精機がリミテッド・パートナー(LP)として出資する。

同ファンドは2017年3月にMBCがGP、京都銀行がアンカーLPとして設立することを発表したもので、国内外のIoTスタートアップの試作支援および投資によって、日本のものづくりを世界に広める役割を担うとしている。

photo

また、同ファンドの初の投資案件として、米Boston Biomotion(BB)に出資することも決定した。

photo

BBは、ハードウェアとソフトウェアの両面からプロスポーツ選手のリハビリやトレーニングを支援するソリューションの提供を行うベンチャー企業で、米マサチューセッツ工科大学(MIT)がBBの株式を保有している。当出資によりMBCの人材やノウハウを活用し、さらに京都試作ネットと協力して、BBが提供するハードウェアの試作や量産を推進する計画だ。

MBCは今年中に20億円の資金調達を達成し、金融機関や各分野の事業会社との連携を強化することで京都をものづくり/IoTスタートアップの都にすることを目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 「フィラメント」はどこから来てどこへ行くの?——3Dプリント用プラスチックの歴史と付き合い方
  3. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  4. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  5. コインを入れたら動くものを作ってみよう——コインメック「Arduino Coin Processor Set」
  6. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  7. 超軽量、実用的でスタイリッシュ——3Dプリンティングが可能にした多孔構造ステッキ「ENEA」
  8. 1000円以内で役立つお盆を作ろう! お盆だけに……
  9. 電流センサー付Arduinoモーターシールド「H-Bridge Motor Shield」
  10. Wi-Fiモジュール+クラウド+スマホアプリで9ドル——安くて早いIoTプラットフォーム「BOLT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る