新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プログラミング教育実践のコツがわかる——講談社、「図解 プログラミング教育がよくわかる本」発刊 

講談社は、「図解 プログラミング教育がよくわかる本」を発刊した。

小学校におけるプログラミング教育必修化(2020年度から)や民間教室の急増を踏まえて、本書ではプログラミング教育を家庭で実践するときのコツや、民間教室の活用法、学校現場への導入のポイントなどを、実例も交えながら広く解説する。

「そもそもプログラミングとは」「プログラミング教育で子どもの将来はどう変わるのか」「親や先生が今すぐできることはなにか」など、“はじめてプログラミング教育と向き合う”ときに役立つ一冊だ。

子育て中の保護者から、プログラミング教育の導入を考えている小学校の教師、プログラミング教育に関わる教育関係者まで広く活用できるとしている。

本書は全5章構成で、1章ではプログラミング教育とは何かについて解説。2章ではすぐに使えるプログラミングソフト・ツールや、小学生向け「プログラミング+ロボット製作」の実例などを紹介している。次の3章では小学校での実践を取り上げ、4章と5章ではプログラミング教育の必要性や効果について解説している。

監修は石戸奈々子氏。版型はB20取、ページ数は100ページ、定価は1300円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る