新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボンサイラボ、3万円で買えるFFF方式3Dプリンター「BS CUBE」発売

ボンサイラボは、普及価格のFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「BS CUBE」を発売した。

photo

BS CUBEは、初心者でも簡単に利用ができるよう、短時間でのセットアップ、LCDによる簡単操作、細かな調整を不要とした普及モデルの3Dプリンターだ。手軽に利用できる3Dプリンターとして、設計データの形状確認を頻繁に行うエンジニアやデザイナー、また3DCADを学ぶ学生やファブスペース向けといったユーザー層をターゲットとしている。

photo

USB2.0経由での印刷に加えてPC接続が不要なSDカードによるスタンドアローン印刷に対応したり、折り曲げることで容易に造形物が取り外せるようマグネット式テーブルを採用するなど、簡単操作のための機能を搭載している。ソフトウェアはRepetier-HostとCuraに対応する。

photo

BS CUBEの本体サイズは210×195×279mm、重量が2.8kg。造形サイズは110×110×125mmで、積層ピッチは100~400μm(推奨200μm)だ。1.75mm径のPLAフィラメントに対応する。

photo

本体価格3万4900円のところ、9月30日までのキャンペーン価格2万9800円でAmazonおよびTSUKUMOにて予約販売中だ。商品発送は8月中旬を予定している。推奨フィラメント(250g、9色)も1280円(いずれも税/送料別)で発売中だ。

photo 必要なものがすべて含まれているので開封後10分でテスト印刷できる

同社は国内での3Dプリンターの普及促進のため、中国広東省広州に現地法人を設立し、開発/生産/販売およびサポート拠点としてジャパニーズクォリティのBSシリーズを展開するとし、BS CUBEはその第1弾となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る