新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Arduino Zero」互換の0.95インチ有機ELディスプレイ搭載ボード「Pixel Mini」

0.95インチ有機ELディスプレイを搭載した「Arduino Zero」互換プログラマブルボード「Pixel Mini」がKickstarterで出資を募っている。

Pixel Miniは、96×64ピクセルの0.95インチ有機ELディスプレイに、ARM Cortex M0+(32ビット、48MHz)マイクロコントローラー、128KB フラッシュメモリ、16KB RAM、MicroSDカードスロットを搭載。ウェアラブルデバイスやディスプレイ付きセンサーなどの製作に適している。

PixelMini front
PixelMini back

Pixel MiniはArduino Zero互換のため、Arduino Zeroのライブラリの多くをPixel Miniで使える。ただし、RAM、フラッシュメモリ共に Arduino Zero の半分の容量なので注意が必要だ。自作プログラムはMicroUSBケーブル経由でアップロードできる。

Pixel Miniは、ArduinoのSPIおよびSDライブラリと互換性があり、ディスプレイやMicroSDカードとの通信はSPIバス経由で行う。

入出力は、デジタル入出力12ピン(うち10ピンはPWM)、I2Cは2ピン、アナログ入力3ピン、アナログ出力1ピンを備えている。さらに、Pixel MiniはSWD標準ヘッダーを備えており、「Atmel ICE」を使ったデバッグが可能だ。

PixelMini

Pixel Miniはオープンソースハードウェアで、回路図は後日公開予定だ。

Pixel Miniは2017年8月23日までクラウドファンディングを実施。8月4日時点で目標額5000ドル(約55万円)に対して、約4600ドル(約51万円)を既に集めている。

Pixel Miniの価格は、45ドル(約5000円)。出荷は2017年10月の予定で、日本への送料は5ドル(約550円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 「フィラメント」はどこから来てどこへ行くの?——3Dプリント用プラスチックの歴史と付き合い方
  3. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  4. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  5. コインを入れたら動くものを作ってみよう——コインメック「Arduino Coin Processor Set」
  6. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  7. 超軽量、実用的でスタイリッシュ——3Dプリンティングが可能にした多孔構造ステッキ「ENEA」
  8. 1000円以内で役立つお盆を作ろう! お盆だけに……
  9. 電流センサー付Arduinoモーターシールド「H-Bridge Motor Shield」
  10. Wi-Fiモジュール+クラウド+スマホアプリで9ドル——安くて早いIoTプラットフォーム「BOLT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る