新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Arduino Zero」互換の0.95インチ有機ELディスプレイ搭載ボード「Pixel Mini」

0.95インチ有機ELディスプレイを搭載した「Arduino Zero」互換プログラマブルボード「Pixel Mini」がKickstarterで出資を募っている。

Pixel Miniは、96×64ピクセルの0.95インチ有機ELディスプレイに、ARM Cortex M0+(32ビット、48MHz)マイクロコントローラー、128KB フラッシュメモリ、16KB RAM、MicroSDカードスロットを搭載。ウェアラブルデバイスやディスプレイ付きセンサーなどの製作に適している。

PixelMini front
PixelMini back

Pixel MiniはArduino Zero互換のため、Arduino Zeroのライブラリの多くをPixel Miniで使える。ただし、RAM、フラッシュメモリ共に Arduino Zero の半分の容量なので注意が必要だ。自作プログラムはMicroUSBケーブル経由でアップロードできる。

Pixel Miniは、ArduinoのSPIおよびSDライブラリと互換性があり、ディスプレイやMicroSDカードとの通信はSPIバス経由で行う。

入出力は、デジタル入出力12ピン(うち10ピンはPWM)、I2Cは2ピン、アナログ入力3ピン、アナログ出力1ピンを備えている。さらに、Pixel MiniはSWD標準ヘッダーを備えており、「Atmel ICE」を使ったデバッグが可能だ。

PixelMini

Pixel Miniはオープンソースハードウェアで、回路図は後日公開予定だ。

Pixel Miniは2017年8月23日までクラウドファンディングを実施。8月4日時点で目標額5000ドル(約55万円)に対して、約4600ドル(約51万円)を既に集めている。

Pixel Miniの価格は、45ドル(約5000円)。出荷は2017年10月の予定で、日本への送料は5ドル(約550円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  2. VR用の360度パノラマ撮影ができる——Raspberry Pi用超広角カメラモジュール「VR220」発売
  3. Raspberry Piでニキシー管を使う——15種類のソケットに対応した拡張ボード「Nixie Shield」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. 机に乗る超小型の5軸CNCミリングマシン「Pocket NC」
  6. 人工知能を自宅で学習——CQ出版、「算数&ラズパイから始める ディープ・ラーニング」発刊へ
  7. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  8. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. 3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」が「Raspberry Pi Zero WH」に正式対応

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る