新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Arduino Zero」互換の0.95インチ有機ELディスプレイ搭載ボード「Pixel Mini」

0.95インチ有機ELディスプレイを搭載した「Arduino Zero」互換プログラマブルボード「Pixel Mini」がKickstarterで出資を募っている。

Pixel Miniは、96×64ピクセルの0.95インチ有機ELディスプレイに、ARM Cortex M0+(32ビット、48MHz)マイクロコントローラー、128KB フラッシュメモリ、16KB RAM、MicroSDカードスロットを搭載。ウェアラブルデバイスやディスプレイ付きセンサーなどの製作に適している。

PixelMini front
PixelMini back

Pixel MiniはArduino Zero互換のため、Arduino Zeroのライブラリの多くをPixel Miniで使える。ただし、RAM、フラッシュメモリ共に Arduino Zero の半分の容量なので注意が必要だ。自作プログラムはMicroUSBケーブル経由でアップロードできる。

Pixel Miniは、ArduinoのSPIおよびSDライブラリと互換性があり、ディスプレイやMicroSDカードとの通信はSPIバス経由で行う。

入出力は、デジタル入出力12ピン(うち10ピンはPWM)、I2Cは2ピン、アナログ入力3ピン、アナログ出力1ピンを備えている。さらに、Pixel MiniはSWD標準ヘッダーを備えており、「Atmel ICE」を使ったデバッグが可能だ。

PixelMini

Pixel Miniはオープンソースハードウェアで、回路図は後日公開予定だ。

Pixel Miniは2017年8月23日までクラウドファンディングを実施。8月4日時点で目標額5000ドル(約55万円)に対して、約4600ドル(約51万円)を既に集めている。

Pixel Miniの価格は、45ドル(約5000円)。出荷は2017年10月の予定で、日本への送料は5ドル(約550円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  4. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  5. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  6. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  7. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  8. 山口から世界へ——折りたたみ式電動アシスト自転車「e-ANBAI」
  9. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー
  10. ハイブリッドデュオフォニックシンセサイザーDIYキット「HANSY1010」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る