新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使ったIoTアプリ開発に——クラウドアプリケーション開発/実行環境「CANDY EGG」

CANDY LINEは、ビジュアルエディターやデータベースが用意されたクラウドアプリケーション開発/実行環境「CANDY EGG」の限定ベータ版を、学校や企業などの法人向けに8月22日から提供開始する。

photo 「CANDY EGGフローエディター」

CANDY EGGは、オープンソースのビジュアルツール「Node-RED」をベースとしたプログラミングツール「CANDY RED」/フローエディター、オープンソースのデータベース「MySQL」、さらにデータベースのバックアップ機能などをセットしたサービスだ。

photo 「CANDY Pi Lite」  出典:CANDY LINE

別売のRaspberry Pi向けIoT通信用LTE通信ボード「LTEPi for D」や、低速度通信向け3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」を用意してRaspberry Piに接続し、CANDY REDを使ってデバイスアプリケーションを作成することでCANDY EGGに接続してクラウドアプリケーション環境を構築することができる。

photo コンソール画面

フローエディターはクラウド上で提供され、視覚的な表現や操作性の良い方法でクラウドアプリケーションのプログラムが作成できる。CANDY EGGを利用し、他のクラウドサービスと連携するクラウドアプリケーションも簡単に作成することができるとしている。

限定ベータ版の利用は無料で、2017年9月30日まで提供される予定だ 。同社では今回の限定ベータ版で検証を行い同サービスの一般公開に向けた準備を進める。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——匂いも嗅げるよ!
  2. Formlabs、歯列矯正器具用生体適合レジン「Dental LT Clear」を発表
  3. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  4. Raspberry Pi 3にAI機能を——GoogleのAIスピーカー自作キット「Voice Kit」国内販売開始へ
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. TechShare、Windows10ベースのシングルボードコンピューター「LattePanda」国内発売
  7. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  8. 庭や菜園の水やりと24時間監視ができる——園芸用スマート散水機「GardenSpace」
  9. FabLab浦和-Beta(埼玉 浦和)
  10. Intel、新型プロセッサー「Intel Nervana NNP」を年内発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る