新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使ったIoTアプリ開発に——クラウドアプリケーション開発/実行環境「CANDY EGG」

CANDY LINEは、ビジュアルエディターやデータベースが用意されたクラウドアプリケーション開発/実行環境「CANDY EGG」の限定ベータ版を、学校や企業などの法人向けに8月22日から提供開始する。

photo 「CANDY EGGフローエディター」

CANDY EGGは、オープンソースのビジュアルツール「Node-RED」をベースとしたプログラミングツール「CANDY RED」/フローエディター、オープンソースのデータベース「MySQL」、さらにデータベースのバックアップ機能などをセットしたサービスだ。

photo 「CANDY Pi Lite」  出典:CANDY LINE

別売のRaspberry Pi向けIoT通信用LTE通信ボード「LTEPi for D」や、低速度通信向け3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」を用意してRaspberry Piに接続し、CANDY REDを使ってデバイスアプリケーションを作成することでCANDY EGGに接続してクラウドアプリケーション環境を構築することができる。

photo コンソール画面

フローエディターはクラウド上で提供され、視覚的な表現や操作性の良い方法でクラウドアプリケーションのプログラムが作成できる。CANDY EGGを利用し、他のクラウドサービスと連携するクラウドアプリケーションも簡単に作成することができるとしている。

限定ベータ版の利用は無料で、2017年9月30日まで提供される予定だ 。同社では今回の限定ベータ版で検証を行い同サービスの一般公開に向けた準備を進める。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  4. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  5. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  6. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  7. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  8. 山口から世界へ——折りたたみ式電動アシスト自転車「e-ANBAI」
  9. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー
  10. ハイブリッドデュオフォニックシンセサイザーDIYキット「HANSY1010」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る