新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使ったIoTアプリ開発に——クラウドアプリケーション開発/実行環境「CANDY EGG」

CANDY LINEは、ビジュアルエディターやデータベースが用意されたクラウドアプリケーション開発/実行環境「CANDY EGG」の限定ベータ版を、学校や企業などの法人向けに8月22日から提供開始する。

photo 「CANDY EGGフローエディター」

CANDY EGGは、オープンソースのビジュアルツール「Node-RED」をベースとしたプログラミングツール「CANDY RED」/フローエディター、オープンソースのデータベース「MySQL」、さらにデータベースのバックアップ機能などをセットしたサービスだ。

photo 「CANDY Pi Lite」  出典:CANDY LINE

別売のRaspberry Pi向けIoT通信用LTE通信ボード「LTEPi for D」や、低速度通信向け3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」を用意してRaspberry Piに接続し、CANDY REDを使ってデバイスアプリケーションを作成することでCANDY EGGに接続してクラウドアプリケーション環境を構築することができる。

photo コンソール画面

フローエディターはクラウド上で提供され、視覚的な表現や操作性の良い方法でクラウドアプリケーションのプログラムが作成できる。CANDY EGGを利用し、他のクラウドサービスと連携するクラウドアプリケーションも簡単に作成することができるとしている。

限定ベータ版の利用は無料で、2017年9月30日まで提供される予定だ 。同社では今回の限定ベータ版で検証を行い同サービスの一般公開に向けた準備を進める。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  2. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  5. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  6. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  7. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  8. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る