新しいものづくりがわかるメディア

RSS


JASA、「ETロボコン2017」の地区予選を9月から全国12カ所で開催

組込みシステム技術協会(JASA)は11月15~16日、パシフィコ横浜にて「ETロボコン2017」のチャンピオンシップ大会を開催する。それに先立ち、9月2~3日の東京地区大会を皮切りに全国12会場で地区大会を実施する。

ETロボコンは、組み込みシステム分野における産業教育をテーマに、レゴマインドストームの車体で、決められたコースを自律走行する競技と製品/サービスを開発し披露する2つの部門競技だ。 2002年に「UMLロボットコンテスト」としてスタート。2005年に「ETロボコン」と愛称を変更し、今年で通算16回目の開催となる。

地区予選には高校/高専/大学生から社会人エンジニアまで、参加総数321チームがソフトウェア設計内容と自律型ロボットによる走行競技で競い合い、チャンピオンシップ大会選抜を目指す。

競技内容は、デベロッパー部門に加え、今年から新設されたガレッジニア部門の2つからなる。 決められたコースを走行するデベロッパー部門では、走行競技とモデル審査の総合(調和平均)で順位を競う。階段などの難所を攻略しつつライントレースを目的とするプライマリーコースと、ブロック並べやET相撲Neoなど、ロボットの制御/ゲームを目的とするアドバンストコースの2種類を用意している。

またガレッジニア部門では、「新しいものを生み出すことの出来る次世代の技術者育成」を目的とし、自由/技術先行型/問題解決型の3つのテーマで「新しい」「わくわくする」ものを作り、発表する。完成品の部品予算は10万円以内とし、センサー/アクチュエーターを1つ以上使用し、ソフトウェアで制御する。発表内容、および実現するための技術の2点を審査項目としている。

各地区大会の開催スケジュールは以下の通り。各地区大会は入場無料で、自由に来場や見学ができる。

東京地区大会:9月2~3日 早稲田大学 西早稲田キャンパス
南関東地区大会:9月16~17日 神奈川工科大学
東海地区大会:9月16~17日 愛知工業大学(16日:八草キャンパス、17日:自由ケ丘キャンパス)
北海道地区大会:9月17日 公立はこだて未来大学
北陸地区大会:9月17日 金沢工業大学 扇が丘キャンパス
関西地区大会:9月17日 京都コンピュータ学院 京都駅前校
中四国大会:9月17日 福山大学 宮地茂記念館
東北地区大会:9月18日 岩手県民情報交流センター(アイーナ)小田島組☆ほ~る
九州北地区大会:9月24日 九州産業大学1号館 7F大会議室
九州南地区大会:9月30日 都城コアカレッジ
沖縄地区大会:9月30日 沖縄産業支援センター1F 101号
北関東地区大会:10月1日 アオーレ長岡(暫定 ※変更の可能性有り)

ETロボコン2015

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る