新しいものづくりがわかるメディア

RSS


武藤工業、従来モデルより大型化した光造形3Dプリンター「ML-200」発売

武藤工業は、従来モデルより大型化した光造形3Dプリンター「ML-200」を発売した。10月1日に受注を開始する。

ML-200は、樹脂の硬化にUV光を使ったFull-HD対応のDLP、積層造形に吊下げ方式を採用した高精度、コンパクトな製品。本体サイズは390×540×785mmで、積層ピッチは最小25μm、XY解像度100μm、最大造形サイズは192×108×200mmとなっている。

本体はスタンドアロンで使用でき、必要なデータはPCで作成後にUSBメモリーで本体に取り込み、動作は本体の7インチLCDタッチパネル上で選択する。LCDタッチパネルでは、造形動作を一時停止して樹脂を追加注入できるポーズ機能や、造形状態を途中確認できるプレビュー機能が利用可能だ。

標準添付のMUTOHスライサーソフトを利用して造形をより平滑化させることが可能。工業製品のデザイン検証のほか、試作、フィギュアなど、精度と滑らかな表面が求められる造形に利用できる。

光硬化樹脂は、造形目的に合わせた各種樹脂をラインナップしており、大型造形に適した1Lボトルで供給する。

スターターキットを含む本体価格は330万円(税別)。初年度100台の販売を予定している。

なお、「インテックス大阪」で10月4日〜6日に開催される “関西ものづくりワールド2017”内の「第20回 関西設計・製造ソリューション展」に、同製品を出展する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  2. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  3. リアルな世界で本人視点シューティングゲームを——FPS対戦型ロボット玩具「GEIO」
  4. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  5. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  6. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  7. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  10. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る