新しいものづくりがわかるメディア

RSS


武藤工業、従来モデルより大型化した光造形3Dプリンター「ML-200」発売

武藤工業は、従来モデルより大型化した光造形3Dプリンター「ML-200」を発売した。10月1日に受注を開始する。

ML-200は、樹脂の硬化にUV光を使ったFull-HD対応のDLP、積層造形に吊下げ方式を採用した高精度、コンパクトな製品。本体サイズは390×540×785mmで、積層ピッチは最小25μm、XY解像度100μm、最大造形サイズは192×108×200mmとなっている。

本体はスタンドアロンで使用でき、必要なデータはPCで作成後にUSBメモリーで本体に取り込み、動作は本体の7インチLCDタッチパネル上で選択する。LCDタッチパネルでは、造形動作を一時停止して樹脂を追加注入できるポーズ機能や、造形状態を途中確認できるプレビュー機能が利用可能だ。

標準添付のMUTOHスライサーソフトを利用して造形をより平滑化させることが可能。工業製品のデザイン検証のほか、試作、フィギュアなど、精度と滑らかな表面が求められる造形に利用できる。

光硬化樹脂は、造形目的に合わせた各種樹脂をラインナップしており、大型造形に適した1Lボトルで供給する。

スターターキットを含む本体価格は330万円(税別)。初年度100台の販売を予定している。

なお、「インテックス大阪」で10月4日〜6日に開催される “関西ものづくりワールド2017”内の「第20回 関西設計・製造ソリューション展」に、同製品を出展する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  2. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  5. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化
  10. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る