新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターで作る6脚歩行ロボット——Arduino Nano搭載の「Vorpal Combat Hexapod」

6脚歩行ロボット「Vorpal Combat Hexapod」が、Kickstarterにて出資を募っている。

photo

Vorpal Combat Hexapodは、Bluetoothで通信するゲームパッドでコントロールする6脚歩行ロボットだ。ボディパーツやゲームパッドのケースは3Dプリントにより制作できる。

photo

ゲームパッドには5個の方向ボタンと12個のモードボタンがあり、これを組み合わせることで歩く/その場で回転/ダンスなど合計60種類のモーションを記録して実行できる。Arduino Nanoとプログラミングを保存できるSDカードを内蔵しているので、Scratchでプログラミングすればモードボタンの設定を変更することができる。また、本体に拡張用センサーポートを備えており、超音波レンジセンサー(HC-SR04)とカメラ(CMUcam5 Pixy)を接続することができる。

photo

ボディの3DモデルデータはOnShape.comに、ArduinoとScratchのエクステンションコードはGitHubにて公開されているので、3Dプリンターがあれば必要なパーツを印刷し、Scratchで動きをプログラムできる。組み立てに要する時間は2時間以内としており、はんだ付けは不要だ。Arduinoはファームウェア書き込み済みで、Bluetoothチップもオートペアリングに設定されている。

photo

ボディサイズは、およそ250(直径)×180mm(高さ)、重量は570g。制御基板にはArduino Nanoを採用し、3000mAhリチウムイオン電池(18650型)で60~80分の連続稼働が可能だ。ゲームパッドのサイズはおよそ130×100×40mm、重量は200gだ。

photo

Kickstarterでは早割価格として、3Dプリント部品とバッテリー以外のパーツが入った「Basic Kit」が99ドル(約1万900円)、本体パーツが全て付属する「Full Kit」 が159ドル(約1万7500円)で購入できる。なお発送先はアメリカおよびカナダのみとなっている。

Vorpal Combat HexapodはKickstarterにて10月18日までクラウドファンディング中だ。目標額は1万8000ドル(約198万2100円)で今年11月〜12月に発送予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  2. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  3. リアルな世界で本人視点シューティングゲームを——FPS対戦型ロボット玩具「GEIO」
  4. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  5. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  6. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  7. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  10. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る