新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CAMI&Co.、五反田にデジタルファブリケーションスペース「IoT LaB」を開設

IoTトータルソリューションを提供するCAMI&Co.(キャミーアンドコー)は、JR五反田駅近くにデジタルファブリケーションスペース「IoT LaB」を9月15日にオープンする。

photo

IoT LaBでは、一般工具に加え、レーザーカッター、3Dプリンター、3Dスキャナーなどのデジタルファブリケーション機器を備える。主な大型機器として、40Wの高出力CO2レーザーカッターAEON「MIRA5030」や、3Dプリンター「Ultimaker2+」、フルカラースキャンが可能な3Dスキャナー「Matter&Form」が利用できる。

photo
photo 貸会議室(6人用)

また、25名程度のイベントを開催することも可能で、IoTハッカソンやセミナー、ワークショップなどに活用できる。さらに6人向けと4人向けの会議室を備えており、商談スペースなどとして利用できる。

photo CO2レーザーカッターAEON「MIRA5030」

同社はIoTトータルソリューションカンパニーとして、これまで数多くのコンサルティングやハード/ソフトの製作、小中学生向け教育事業「IoT SCHOOL」を開催してきた。今回ユーザー自身の手で新たなサービス/プロダクトを生み出してほしいという思いを込めた「MAKE NEW WORLD with IoT」のコンセプトのもと、クリエイティブなコワーキングスペースとしてIoT LaBを開設するとしている。今後、社会人向けや法人単位で実施するIoTビジネススクールの開講も予定している。

photo 3Dプリンター「Ultimaker2+」。フィラメントはABSを用意する。

ファブ施設の料金は、基本料金が一般が800円/h(上限3000円)、会員が500円/h(上限1500円)、学生が300円/h(上限900円)で、デジタル工作機はそれぞれ別途使用料金が必要だ。

photo フルカラースキャンが可能な3Dスキャナー「Matter&Form」。データ誤差は最大±0.25mmだ。

住所は、東京都品川区東五反田1-10-8 五反田S&Lビル7階で、JR山手線五反田駅東口から徒歩3分だ。営業時間は10:00~18:30、定休日はない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る