新しいものづくりがわかるメディア

RSS


24個のカスタムサーボで2足歩行——オープンソースのロボットキット「Hubert the Humanoid」

組み立てキットの2足歩行ロボット「Hubert the Humanoid」がKickstarterに登場し、注目を集めている。

photo

Hubert the Humanoidは、510×150×300mmのボディを24個のカスタムサーボを使って直立歩行する本格的なロボット組み立てキットだ。サーボ制御にはArduino互換のマイクロコントローラー(STM8S)を使い、MicroPythonでコントロールしている。

photo

頭部にはステレオHDビジョンカメラ×2の他、マイクやスピーカー、前面にはLCDタッチスクリーンを搭載。また、胴体部には9軸モーションセンサー、BLE通信モジュールの他、拡張用のGPIOポートも用意し、自律動作も可能な汎用ロボットしての機能を備えている。ロボット制御用に背面部にRaspberry Pi 3を搭載し、必要なソフトウェアをプリインストールしている。

photo

開発元のWebサイトには、ステップごとの解説を加えた組み立て説明書やコミュニティも用意されているので、ロボットプログラミング学習のプラットフォームにも適している。

予定販売価格は1199ドル(約13万2000円)。Kickstarterでは早割価格として899ドル(約9万8900円)で購入できるプランなどを用意している。60ドル(約6600円)の追加送料で、日本への発送にも対応する。

Hubert the HumanoidはKickstarterにて10月13日までクラウドファンディング中だ。目標額2万ドル(約220万円)に対し、9月14日の時点で3万2000ドル(約352万円)以上を集めている。製品発送は2018年5〜6月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る