新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クリーンなデザインでデスクトップにマッチ——小型FFF方式3Dプリンター「E180」

FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンター「E180」が、Kickstarterにて出資を募っている。

photo

E180は、プリントヘッドをカンチレバー式に支持するスタイリッシュなミニ3Dプリンターだ。本体サイズ320×156×284mm、造形サイズ130×130×130mmと小型で、サポートするフィラメントはPLAのみ、ヒーテッドベッドも非搭載と、シンプルさが特徴だ。

photo

コントロール用に3.2インチのフルカラータッチスクリーンを採用しており、3Dモデルの選択や、印刷パラメータの変更などをタッチパネルで直感的に行える。またWi-Fi接続をサポートしており、スマートフォンなどからのコントロールも可能だ。

photo

ソフトウェアは、専用の「EasyPrint 3D」を使用し、モデルデータはSTL/g-code形式をサポートする。対応OSはWindowsのみだ。停電時のレジューム機能も搭載しているので、動作中に電源オフしても、復帰後プリントヘッドを再加熱し、印刷を中断したところから再開できる。

photo

E180の本体サイズは320×156×284mm、重量は4.5kg、造形サイズは130×130×130mm。独自設計のホットエンドと簡単に交換できるノズルを採用し、1.75mm径のPLAフィラメントに対応する。プリント速度は80~110mm、積層ピッチは50μmだ。本体下部にUSBポート/Micro SDカードスロットを備えている。

photo

予定販売価格は298ドル(約3万3600円)。Kickstarterでは約26%オフとなる219ドル(約2万4700円)で購入できるプランの他に、200g/500gのPLAフィラメントが付属するプランも用意している。35ドル(約3940円)の追加送料で、日本への発送にも対応する。

photo

E180はKickstarterにて10月19日までクラウドファンディング中だ。目標額5万ドル(約563万円)に対し、9月21日の時点で1万8000ドル(約203万円)以上を集めている。製品発送は今年12月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る