新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子供のためのワークショップ博覧会「ワークショップコレクションin福岡」出展者募集開始

NPO法人CANVASとグッデイは、2018年3月31日~4月1日に開催予定の「ワークショップコレクションin福岡」の出展募集を開始した。

同ワークショップは子供向けのワークショッププログラムの全国普及と発展を目的に、全国に点在する子供たちの創造力/表現力を刺激するワークショップを一堂に集め、広く紹介する博覧会イベントだ。 福岡では昨年8月と今年8月に開催されており、今回で3回目の開催となる。

未就学児から小学生までを対象としており、来場者の入場は無料だ。イベント来場者数の増加に伴うワークショップ実施材料費用の負担軽減のため、今回から出展者ごとに別途材料費の徴収が認められている(上限は1000円まで)。

会場は10月1日に開館予定の福岡市科学館で、4~6階スペース全体を使用する。 出展スペースは約12平方メートル(4000×3000mm)、ハンズオン展示スペースは約3平方メートル(実験室テーブル1本、900×1800mm)で、出展スペース詳細は以下の通りだ。

4階:オリエンテーション室/実験室/クリエイティブラボ
5階:オープンラボ、木工/金工ラボ、メディアスタジオ
6階:サイエンスホール

規模は約40~50ブース、2日間で約2万人の動員を目標としている。

出展応募は、公式サイトの応募フォームから可能だ。応募フォームの利用にはGoogleアカウントが必要で、取得していない場合は必要事項を記載の上、メールにて送信することで応募できる。なお、出展パターンに応じて別途出展料が必要となる。

出展に関して参加資格などは特に設けておらず、個人/法人の区別なく応募できるが、「こどもたちにとっての、創造の場、表現の場であること」、「短い実施時間で、多くのこどもたちが参加できること」、「事前準備から当日の実施/運営まで、責任をもって行えること」の3つを要件としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る