新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子供のためのワークショップ博覧会「ワークショップコレクションin福岡」出展者募集開始

NPO法人CANVASとグッデイは、2018年3月31日~4月1日に開催予定の「ワークショップコレクションin福岡」の出展募集を開始した。

同ワークショップは子供向けのワークショッププログラムの全国普及と発展を目的に、全国に点在する子供たちの創造力/表現力を刺激するワークショップを一堂に集め、広く紹介する博覧会イベントだ。 福岡では昨年8月と今年8月に開催されており、今回で3回目の開催となる。

未就学児から小学生までを対象としており、来場者の入場は無料だ。イベント来場者数の増加に伴うワークショップ実施材料費用の負担軽減のため、今回から出展者ごとに別途材料費の徴収が認められている(上限は1000円まで)。

会場は10月1日に開館予定の福岡市科学館で、4~6階スペース全体を使用する。 出展スペースは約12平方メートル(4000×3000mm)、ハンズオン展示スペースは約3平方メートル(実験室テーブル1本、900×1800mm)で、出展スペース詳細は以下の通りだ。

4階:オリエンテーション室/実験室/クリエイティブラボ
5階:オープンラボ、木工/金工ラボ、メディアスタジオ
6階:サイエンスホール

規模は約40~50ブース、2日間で約2万人の動員を目標としている。

出展応募は、公式サイトの応募フォームから可能だ。応募フォームの利用にはGoogleアカウントが必要で、取得していない場合は必要事項を記載の上、メールにて送信することで応募できる。なお、出展パターンに応じて別途出展料が必要となる。

出展に関して参加資格などは特に設けておらず、個人/法人の区別なく応募できるが、「こどもたちにとっての、創造の場、表現の場であること」、「短い実施時間で、多くのこどもたちが参加できること」、「事前準備から当日の実施/運営まで、責任をもって行えること」の3つを要件としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. 加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. FabLab浦和-Beta(埼玉 浦和)
  9. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  10. LEDテープとハーフミラーで作る合わせ鏡——「Desktop Infinity Mirror」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る