新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボール型モジュールを連結——STEAM教育向けロボット組み立てキット「Mabot」

STEAM教育向けロボット組み立てキット「Mabot(メイボット)」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

Mabotは、コントロール(制御部)、ドライバー(駆動部)、センサー、バッテリー、コネクション(関節部)の5種類の機能ごとに分かれたボール型のモジュールを連結してロボットを組み立てるキット。ボール型モジュールはホットプラグ対応のため、ロボットの電源を切ることなく手で簡単につなげたり取り外したりできる。

Mabot
Mabot

Mabotは、ボール型モジュールの数と種類によって「Starter Kit」、「Advanced Kit」、「Deluxe Kit」、「Pro Kit」の4つのキットが用意されている。組み立てられるロボットは、Starter Kitが「Solo Wheel」のみの1種類、Advanced Kitが4種類、Deluxe Kitが12種類。Pro Kitでは、12種類のほか創造力次第でさらに多くのロボットを作ることができる。

Mabot
Mabot

組み立ては、専用アプリ「Mabot Go」をスマートフォンやタブレットにダウンロードし、その指示に従って行う。Mabotとは、BLE(Bluetooth Low Energy)で通信する。Mabot Goは、App StoreおよびGoogle Playから入手可能で、iOS9.0以上またはAndroid4.3以上対応だ。

さらに、ビジュアルプログラミング用アプリ「Mabot IDE」を使えばロボットの動作をプログラミングできる。Mabot IDEの画面上でビルディングブロックを組み合わせるだけでコーディングが可能だ。Mabot IDEもBLE通信に対応しており、iOS版(iOS9.0以上)はiPadのみ使用可能。Android版(Android4.1以上)もGoogle Playで公開されているが、すべての機種での動作保証はされていないので注意が必要だ。

Mabot IDE

Mabotの早期割引価格は、Starter Kitが770香港ドル(約1万1000円)、Advanced Kitが1550香港ドル(約2万2000円)、Deluxe Kitが2720香港ドル(約3万9000円)、Pro Kitが3890香港ドル(約5万6000円)。出荷は2017年11月の予定で、日本への送料は無料だ。

Mabotは2017年10月22日までクラウドファンディングを実施する。開始からわずか1日で目標額80万香港ドル(約1150万円)を達成し、9月25日時点で約90万香港ドル(約1290万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る