新しいものづくりがわかるメディア

RSS


折りたたんで持ち運べる——FFF方式3Dプリンター「Dynamics 3D printer」

FFF方式のポータブル3Dプリンター「Dynamics 3D printer」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Dynamics 3D printerは、プリンターヘッドを保持する架構式の上部を折りたたむと、ヒーテッドベッド部と重なってコンパクトになるポータブルFFF方式3Dプリンターだ。

photo

本体サイズは折りたたんだ状態の「コンパクトモード」が420×68mm、「プリントモード」が500×375×410mm、重さが5.5kgとコンパクト/軽量ながら、独自開発の小型ダイレクトドライブエクストルーダーモジュール(0.4mm/260度)を採用するなどにより、210×210×230mmの造形サイズを実現している。ボディはアルミニウム製で、最高温度100度のヒーテッドベッドを標準で備える。

photo

駆動部にはアンチバックラッシュナットタイプのリードスクリューを採用しており、造形精度を高めている。開発元によると、XYの精度は3μm、最小積層ピッチは1.6μmとしているが、造形例の積層ピッチは100~300μm程度となっている。最高プリントスピードは2400mm/分とのことだ。

photo

フィラメントは、1.75mmのPLA、ABS、ナイロン、ウッド、NinjaFlex、PC、HIPSに対応するとし、プロジェクトではPLA、ABS、フレキシブル素材の追加フィラメントを用意している。ソフトウェアはReprap-Host、Cura、Simplify 3Dなどの汎用スライサーが利用でき、g-codeファイルをサポートする。本体にはSDカードスロットと2.8インチ液晶ディスプレイを搭載し、スタンドアローン動作も可能だ。

photo

さらに、オプションで最大出力250mwレーザーモジュールも用意しており、レーザー刻印機としても使用できる。

photo

Dynamics 3D printerの「ベーシックパッケージ」の価格は539シンガポールドル(約4万4500円)で、HMI液晶ディスプレイやフィラメントスプール用サポート、ヒーテッドベッドはオプションになる。「スタンダードパッケージ」は674シンガポールドル(約5万5700円)、レーザーモジュールなどが付属する「フルパッケージ」は809シンガポールドル(約6万6800円)で提供する。2018年2月以降の出荷を予定しており、日本への送料はいずれのパッケージも109シンガポールドル(約9000円)だ。

Dynamics 3D printerはKickstarterで、24万シンガポールドル(約1980万円)を目標に10月28日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  6. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  7. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  8. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. ロボットへの好奇心を刺激する——ロボットプログラミングが学べる3輪ロボットキット「Robby」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る