新しいものづくりがわかるメディア

RSS


折りたたんで持ち運べる——FFF方式3Dプリンター「Dynamics 3D printer」

FFF方式のポータブル3Dプリンター「Dynamics 3D printer」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Dynamics 3D printerは、プリンターヘッドを保持する架構式の上部を折りたたむと、ヒーテッドベッド部と重なってコンパクトになるポータブルFFF方式3Dプリンターだ。

photo

本体サイズは折りたたんだ状態の「コンパクトモード」が420×68mm、「プリントモード」が500×375×410mm、重さが5.5kgとコンパクト/軽量ながら、独自開発の小型ダイレクトドライブエクストルーダーモジュール(0.4mm/260度)を採用するなどにより、210×210×230mmの造形サイズを実現している。ボディはアルミニウム製で、最高温度100度のヒーテッドベッドを標準で備える。

photo

駆動部にはアンチバックラッシュナットタイプのリードスクリューを採用しており、造形精度を高めている。開発元によると、XYの精度は3μm、最小積層ピッチは1.6μmとしているが、造形例の積層ピッチは100~300μm程度となっている。最高プリントスピードは2400mm/分とのことだ。

photo

フィラメントは、1.75mmのPLA、ABS、ナイロン、ウッド、NinjaFlex、PC、HIPSに対応するとし、プロジェクトではPLA、ABS、フレキシブル素材の追加フィラメントを用意している。ソフトウェアはReprap-Host、Cura、Simplify 3Dなどの汎用スライサーが利用でき、g-codeファイルをサポートする。本体にはSDカードスロットと2.8インチ液晶ディスプレイを搭載し、スタンドアローン動作も可能だ。

photo

さらに、オプションで最大出力250mwレーザーモジュールも用意しており、レーザー刻印機としても使用できる。

photo

Dynamics 3D printerの「ベーシックパッケージ」の価格は539シンガポールドル(約4万4500円)で、HMI液晶ディスプレイやフィラメントスプール用サポート、ヒーテッドベッドはオプションになる。「スタンダードパッケージ」は674シンガポールドル(約5万5700円)、レーザーモジュールなどが付属する「フルパッケージ」は809シンガポールドル(約6万6800円)で提供する。2018年2月以降の出荷を予定しており、日本への送料はいずれのパッケージも109シンガポールドル(約9000円)だ。

Dynamics 3D printerはKickstarterで、24万シンガポールドル(約1980万円)を目標に10月28日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る