新しいものづくりがわかるメディア

RSS


折りたたんで持ち運べる——FFF方式3Dプリンター「Dynamics 3D printer」

FFF方式のポータブル3Dプリンター「Dynamics 3D printer」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Dynamics 3D printerは、プリンターヘッドを保持する架構式の上部を折りたたむと、ヒーテッドベッド部と重なってコンパクトになるポータブルFFF方式3Dプリンターだ。

photo

本体サイズは折りたたんだ状態の「コンパクトモード」が420×68mm、「プリントモード」が500×375×410mm、重さが5.5kgとコンパクト/軽量ながら、独自開発の小型ダイレクトドライブエクストルーダーモジュール(0.4mm/260度)を採用するなどにより、210×210×230mmの造形サイズを実現している。ボディはアルミニウム製で、最高温度100度のヒーテッドベッドを標準で備える。

photo

駆動部にはアンチバックラッシュナットタイプのリードスクリューを採用しており、造形精度を高めている。開発元によると、XYの精度は3μm、最小積層ピッチは1.6μmとしているが、造形例の積層ピッチは100~300μm程度となっている。最高プリントスピードは2400mm/分とのことだ。

photo

フィラメントは、1.75mmのPLA、ABS、ナイロン、ウッド、NinjaFlex、PC、HIPSに対応するとし、プロジェクトではPLA、ABS、フレキシブル素材の追加フィラメントを用意している。ソフトウェアはReprap-Host、Cura、Simplify 3Dなどの汎用スライサーが利用でき、g-codeファイルをサポートする。本体にはSDカードスロットと2.8インチ液晶ディスプレイを搭載し、スタンドアローン動作も可能だ。

photo

さらに、オプションで最大出力250mwレーザーモジュールも用意しており、レーザー刻印機としても使用できる。

photo

Dynamics 3D printerの「ベーシックパッケージ」の価格は539シンガポールドル(約4万4500円)で、HMI液晶ディスプレイやフィラメントスプール用サポート、ヒーテッドベッドはオプションになる。「スタンダードパッケージ」は674シンガポールドル(約5万5700円)、レーザーモジュールなどが付属する「フルパッケージ」は809シンガポールドル(約6万6800円)で提供する。2018年2月以降の出荷を予定しており、日本への送料はいずれのパッケージも109シンガポールドル(約9000円)だ。

Dynamics 3D printerはKickstarterで、24万シンガポールドル(約1980万円)を目標に10月28日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る