新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クラウドベースで簡単3Dプリント——デスクトップにおける小型FFF方式3Dプリンター「Cubibot」

デスクトップにおけるFFF(熱溶融積層)式小型3Dプリンター「Cubibot」がKickstarterに登場、注目を集めている。

photo

Cubibotは、小型でクリーン、スタイリッシュでシンプルというコンセプトのキューブ型3Dプリンターだ。

photo

本体サイズ254×254×254mmとコンパクトながら造形サイズ127×127×127mmを実現、275度対応のノズルと、100度まで加熱できるヒーテッドベッドを採用し、PLAからABS、ウッド/ナイロン、PETGなど多数のフィラメントに対応する。プリント速度は最大80mm/秒、積層ピッチは50~300μmだ。

photo

Cubibot専用のフィラメントを使えば、本体側部のスプール部にきれいに格納できるが、スプール部を開いたままならサードパーティ製フィラメント(1.75mm径)も使用できる。加えてワンタッチで交換できるHEPA/カーボンフィルターを搭載しており、プリント時に発生する粉塵や微粒子を排気から除去できる。

photo

専用アプリ(Android OS/iOS対応)からWi-Fi経由でモデルをアップロードするだけで、クラウドベースのスライサーで加工しプリントできる。G-codeをサポートしているため、Simplify 3D/Repetierなど汎用3Dプリンター用ソフトウェアを使い、USB経由で印刷することもできる。

photo

また、操作は簡素化されており、プリントベッドのオートレベリング機能を搭載、本体前面部のLEDにより、プリンターのステータスをリアルタイムに通知する機能も備えている。例えば、CubibotがWi-Fiに接続した場合はLEDが青色に、フィラメント切れを起こした場合はオレンジ色に点滅する。

photo

Kickstarterでは、予定販売価格の約50%オフとなる249ドル(約2万8100円)で購入できるプランなどを用意しており、付属品としてフィラメント×2、フィルター×2などが付属する。59ドル(約6670円)の追加送料で、日本への発送にも対応する。

photo

CubibotはKickstarterにて10月26日までクラウドファンディング中だ。目標額5万ドル(約565万円)に対し、9月28日の時点で目標の5倍を超える28万ドル(約3160万円)以上を集めている。製品発送は2018年2月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る