新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クラウドベースで簡単3Dプリント——デスクトップにおける小型FFF方式3Dプリンター「Cubibot」

デスクトップにおけるFFF(熱溶融積層)式小型3Dプリンター「Cubibot」がKickstarterに登場、注目を集めている。

photo

Cubibotは、小型でクリーン、スタイリッシュでシンプルというコンセプトのキューブ型3Dプリンターだ。

photo

本体サイズ254×254×254mmとコンパクトながら造形サイズ127×127×127mmを実現、275度対応のノズルと、100度まで加熱できるヒーテッドベッドを採用し、PLAからABS、ウッド/ナイロン、PETGなど多数のフィラメントに対応する。プリント速度は最大80mm/秒、積層ピッチは50~300μmだ。

photo

Cubibot専用のフィラメントを使えば、本体側部のスプール部にきれいに格納できるが、スプール部を開いたままならサードパーティ製フィラメント(1.75mm径)も使用できる。加えてワンタッチで交換できるHEPA/カーボンフィルターを搭載しており、プリント時に発生する粉塵や微粒子を排気から除去できる。

photo

専用アプリ(Android OS/iOS対応)からWi-Fi経由でモデルをアップロードするだけで、クラウドベースのスライサーで加工しプリントできる。G-codeをサポートしているため、Simplify 3D/Repetierなど汎用3Dプリンター用ソフトウェアを使い、USB経由で印刷することもできる。

photo

また、操作は簡素化されており、プリントベッドのオートレベリング機能を搭載、本体前面部のLEDにより、プリンターのステータスをリアルタイムに通知する機能も備えている。例えば、CubibotがWi-Fiに接続した場合はLEDが青色に、フィラメント切れを起こした場合はオレンジ色に点滅する。

photo

Kickstarterでは、予定販売価格の約50%オフとなる249ドル(約2万8100円)で購入できるプランなどを用意しており、付属品としてフィラメント×2、フィルター×2などが付属する。59ドル(約6670円)の追加送料で、日本への発送にも対応する。

photo

CubibotはKickstarterにて10月26日までクラウドファンディング中だ。目標額5万ドル(約565万円)に対し、9月28日の時点で目標の5倍を超える28万ドル(約3160万円)以上を集めている。製品発送は2018年2月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る