新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi上でMESHレシピが常時動作——MESHハブアプリを年内に配信開始

ソニーの新規事業創出プログラムから生まれたMESHプロジェクトは、Raspberry PiをMESHのハブとして利用できるようにするMESHハブアプリケーションを、年内にMESH公式サイト上で公開する予定だ。

MESHは、無線でつながるタグと、専用アプリ(MESHアプリ)によるプログラミングを組み合わせて、さまざまな仕組みを作り出すことができる電子ブロック。MESHアプリで作成したレシピを動作させるには、これまではスマートフォンやタブレットが必要だった。今回発表されたMESHハブアプリをRaspberry Piにインストールすることで、Raspberry Pi上でレシピを常時動作させることが可能になる。

Raspberry Pi上で、MESHレシピを常時動かすことができるように

これにより、センサーなどのデバイスとインターネット上のサービスを連携させた仕組みをより広く活用できるという。また、SORACOM AirなどのIoT向けSIMを組み合わせることで、Wi-Fiやネットワーク環境がない場所でも仕組みを構築できる。なお、MESHレシピの編集や管理には、スマートフォンまたはタブレット端末向けのMESHアプリが必要となる。

使用例:人感センサーなどのデータをGoogle Sheetsに記録し、見える化

使用例として、MESH人感センサーを使って、人がいる時間帯をGoogleスプレッドシートに自動で記録したり、MESH温度・湿度センサーを利用して、一定の湿度以下になったときに自動的に通知する、といったケースを挙げている。センサーデータを活用した通知や自動化、データの「見える化」など目的に合わせた仕組みを作ることができる。

使用例:通知や自動化、見える化など目的に合わせた仕組みを手軽に

対応するRaspberry Piは、Raspberry Pi 3 Model B。MESHハブアプリは、MESH公式サイトからダウンロードする(2017年内に公開の予定)。

さらに今回、スイッチサイエンスが、MESH GPIO用拡張アクセサリーを追加することも発表した。USB給電で動作するデバイスの電源オン・オフを切り替える「USBパワースイッチ」、Groveシステムのデバイスを使用するための「Groveボード」、MESHとlittleBitsを接続するための「ビットモジュール」、サーボモーターをコントロールできる「サーボボード」の4種で、サーボボードが11月発売予定、その他は10月下旬発売の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る