新しいものづくりがわかるメディア

RSS


加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」

素材の上を自走式ルーターロボットが走行しながら加工するCNC工作機「Goliath CNC」がKickstarterで大人気となっている。

photo

Maker向けのXYプロッタ型CNCの多くは、加工可能なエリアがツールヘッドを保持するブームのサイズにより決まるため、あまり大きな素材は加工できないという制限があるが、Goliath CNCはそんな制限を取り払うデザインを採用している。大きさ40x40x30cm、重さ10kgと、使わないときはロッカーなどに収納できるほど小型軽量で、使用するときは素材をCNCマシンにセットするのではなく、ルーターロボットを素材の上にセットする。

photo

ルーターロボットを素材の上に置き、加工エリアをセンサーによって位置決めし、2台のセンサーベースとルーターロボットを接続することで、三角法で位置を正確に割り出している。ルーターロボットは、全方向に移動できるホイールを使って材料の上を移動しながら、切断、穿孔、彫刻などの切削加工を施す。

photo

このセンサーシステムにより、加工エリアは最大3mx2.5m。加工精度は0.1mmを実現している。ホイールは片側3輪のモジュール構成で、常に2輪が材料と接触するデザインとし、切削面を走行しても精度に影響を受けないようにしている。

photo

加工できる素材は、木材、アルミニウム、銅板およびプラスチックなど。最大切削深度は35mmで、Z軸の校正は自動で行われる。CADファイル形式は、dwg、svgおよびaiをサポートし、データを転送すればツールパスはシステムが自動計算してくれる。

photo

例えば、素材表面を削りとる場合は、ルーターロボットが自分の加工した部分に落ち込まないよう、まず外形線を加工し、次に奥から手前に向かいながら内部を切削していくポケットツールバスをとっている。

photo

Goliath CNCは11月19日までクラウドファンディングを実施するが、10月10日時点で目標額9万ドル(約1010万円)の6倍を超える57万ドル(約6420万円)以上を既に集めている。

photo

Goliath CNCの早期割引価格は、1850ドル(約20万8000円)。出荷は2018年10月の予定で、日本への送料は70ドル(約7890円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る