新しいものづくりがわかるメディア

RSS


FPGAビギナーに最適——Altera MAX10搭載FPGAボード「MaxProLogic」

FPGA開発ボード「MaxProLogic」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

MaxProLogicは、ポータブルなアプリケーション向けFPGA「Altera MAX10 10M04SA」を搭載したFPGA開発ボード。4000個のロジックエレメント、189Kbit SRAMメモリー、2.2Mbit(ユーザー領域1.2Mbit)コンフィギュレーション用フラッシュメモリ、8ch 12bit ADCなどを備え、エントリーレベルからFFTサウンドメーターといった小規模プロジェクトまで対応できる。

photo Quartus Prime liteのサンプルプロジェクトも用意する

MaxProLogicは、FPGA開発ボードの初心者でも簡単にアプリケーション開発ができるよう段階的に使い方を学べるユーザーマニュアルの他、直ぐに利用できる信号機シミュレーターやオーディオレベルメーターなどのプロジェクトも用意している。開発ソフトウェアはAlteraの「Quartus Prime lite」パッケージが利用できる。

photo

その他のハードウェア構成としては、電源用USB Micro B、LED×8、パワープッシュボタンスイッチ×1、プッシュボタンスイッチ×1、Micro SDカードスロット×1、50MHzと32.768KHzのオシレーター、 温度センサーなどを搭載し、入出力インターフェースとして40ピン I/Oコネクター、UARTブレイクアウトなどを備える。

photo

プログラミングは、Alteraの「USB Blaster」対応コネクターからの書き換えが必要だ。なお、「JTAG Blaster Programmer」が付属するキャンペーンも用意している。

photo ビギナー向けにテストベンチの作成方法なども提供する

MaxProLogicのレギュラー価格は37ドル(約4160円)で、今なら数量限定の早割適用価格32ドル(約3600円)で入手できる。本体の他、プロジェクトDVDとユーザーマニュアル、ドライバー、回路図が付属する。さらに、JTAG Blaster Programmerを追加するキャンペーンを43ドル(約4830円)で提供する。出荷は2018年1月以降になる予定で、日本への送料はいずれも14ドル(約1570円)だ。

MaxProLogicはKickstarterで、11月8日まで6000ドル(約67万4000円)を目標額にクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る