新しいものづくりがわかるメディア

RSS


FPGAビギナーに最適——Altera MAX10搭載FPGAボード「MaxProLogic」

FPGA開発ボード「MaxProLogic」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

MaxProLogicは、ポータブルなアプリケーション向けFPGA「Altera MAX10 10M04SA」を搭載したFPGA開発ボード。4000個のロジックエレメント、189Kbit SRAMメモリー、2.2Mbit(ユーザー領域1.2Mbit)コンフィギュレーション用フラッシュメモリ、8ch 12bit ADCなどを備え、エントリーレベルからFFTサウンドメーターといった小規模プロジェクトまで対応できる。

photo Quartus Prime liteのサンプルプロジェクトも用意する

MaxProLogicは、FPGA開発ボードの初心者でも簡単にアプリケーション開発ができるよう段階的に使い方を学べるユーザーマニュアルの他、直ぐに利用できる信号機シミュレーターやオーディオレベルメーターなどのプロジェクトも用意している。開発ソフトウェアはAlteraの「Quartus Prime lite」パッケージが利用できる。

photo

その他のハードウェア構成としては、電源用USB Micro B、LED×8、パワープッシュボタンスイッチ×1、プッシュボタンスイッチ×1、Micro SDカードスロット×1、50MHzと32.768KHzのオシレーター、 温度センサーなどを搭載し、入出力インターフェースとして40ピン I/Oコネクター、UARTブレイクアウトなどを備える。

photo

プログラミングは、Alteraの「USB Blaster」対応コネクターからの書き換えが必要だ。なお、「JTAG Blaster Programmer」が付属するキャンペーンも用意している。

photo ビギナー向けにテストベンチの作成方法なども提供する

MaxProLogicのレギュラー価格は37ドル(約4160円)で、今なら数量限定の早割適用価格32ドル(約3600円)で入手できる。本体の他、プロジェクトDVDとユーザーマニュアル、ドライバー、回路図が付属する。さらに、JTAG Blaster Programmerを追加するキャンペーンを43ドル(約4830円)で提供する。出荷は2018年1月以降になる予定で、日本への送料はいずれも14ドル(約1570円)だ。

MaxProLogicはKickstarterで、11月8日まで6000ドル(約67万4000円)を目標額にクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る