新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」

人の頭部を模したロボットDIYキット「NOVA」が、Kickstarterにて出資を募っている。

photo

NOVAは、HDカメラと超音波センサーを頭部に組み込み、独立した5軸で動かせるようサーボモーターを内蔵したロボットキットだ。制御部として、AtmelのATmega 2560を積んだArduino互換ボード「Creoqode Mini Mega」を搭載し、Arduino IDEでのプログラミングが可能だ。

photo

サーボモーターにはメタルギアを使った高トルクデジタルサーボ「MG996R」を採用、専用サーボシールドにより駆動する。シールドは未使用のデジタル/アナログ入出力にアクセスしやすいようデザインされており、例えば、自走できるようにモーターなどの駆動機能を追加したり、音声入出力やBluetooth/Wi-Fiモジュールなどのシールドを追加したりといった、ユーザーオリジナルの拡張も容易だとしている。

photo

標準で手動操作できるよう、ジョイスティック×2(ポテンショメーター×4、スイッチ×2)を備えたコントローラーが付属する。対応OSはWindows/Mac OS/Linuxで、チュートリアルやガイドなども提供するとしている。

photo

予定販売価格は199ユーロ(約2万6500円)。Mini Megaボード/サーボシールド/ジョイスティックコントローラーに加え、顔面に装着するマスクやボディパーツ(アクリル製)、HDカメラ、超音波センサー、組み立て用ネジ類など一式が付属する。Kickstarterでは139ユーロ(約1万8500円)で購入できるプランなどを用意している。

photo

NOVAはKickstarterにて、11月14日までクラウドファンディング中だ。目標額2万ユーロ(約266万円)に対し、10月11日時点で1万ユーロ(約133万円)以上を集めている。製品発送は2018年5月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る